時点でのキャップスペースは $-1,057,797 です。

(2022年のサラリーキャップを$208,200,000と想定して計算しています。まだサラリーキャップが決定してないので若干変わる可能性もあります。)

NFL Team Salary Cap Tracker



フリーエージェント(FA)について
フリーエージェント(FA)には種類があり、主にUFA RFA ERFAがあります。3月に契約が切れる普通のFAはUFAとなります。解雇された場合もUFAとなります。

キャリア3年で契約が切れる選手がRFAとなり、3段階の1年契約で再契約できるものです。

3段階とは
高:5.5Mくらい 1巡
中:4Mくらい 2巡
低:2.5Mくらい その選手のドラフトされた巡

他チームは右のドラフト巡と交換に引き抜きオファーができますが、同オファーで契約しなおせば引き抜きを阻止することも可能となるFAとなっています。

ERFAはキャリア2年で契約が切れる選手で前年と同額で1年再契約ができます。こちらは引き抜き不可です。

他FAの説明についてはこちらにまとめております。


 FA選手一覧


2022FA 29sf-001
   制限付きFA(RFA・ERFA)
   2021シーズン終了後解雇された選手
OLの数値はPFFレーティング 先発選手のみ
https://www.pff.com/news/nfl-final-2021-offensive-line-rankings

2022 Free Agents

大量のFA選手ですが、控えクラスの選手が多いです。先発クラスで残したいのはGトムリンソン DLジョーンズ CBウィリアムス Sタート RFAのG/Tブランスキル LBアル-シャイア辺りとなるでしょう。

Gトムリンソンは80試合連続先発出場中の選手で、前回は3年16Mの契約でした。残すには年8~10Mクラスになるでしょうね。DLジョーンズは今シーズン全試合先発出場 CBウィリアムスはニッケルバックとして必要な選手 Sタートは怪我は多いが高パフォーマンスなSです。全員残すのはキャップスペースをかなり空けないといけないので、選別が必要となりそうです。

RFAのブランスキル アル-シャイアは引き抜かれる可能性もあるので契約をどうるすか迷うところです。どちらもドラ外の選手なので引き抜き側にリスクがないんですよね。

Tコンプトンは後半から先発出場となった選手でPFFレートがかなり高くいいパフォーマンスを見せていましたが、Tマクリンチーが怪我から戻ってくることも考えると先発待遇での再契約はないでしょう。


 FA選手を抜いた選手一覧


 攻撃選手 

2022FA 29sf-002


 守備選手 

2022FA 29sf-003
    2021シーズン終了後加入選手


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-031sf


 補強ポイント 



先発QBガロポロはチームをチャンピオンシップまで導いた功績はありますが、既定路線ではQBランスが来シーズンの先発になるということで、トレードは濃厚だと思われます。怪我が多くQBとしては圧倒的なパフォーマンスではなくコンパクトな選手ではありますが、49ersでは31勝14敗と勝てるQBでした。トレード申し込みはそれなりにはあることでしょう。

補強はFAで抜けたポジションをしっかり穴埋めできればそこまで戦力ダウンとはならないでしょう。補強候補としては3番手WR G DL CB Sあたりとなりそうです。Tはマクリンチーが離脱していたので復活すれば補強は必要ないでしょう。


 カット候補 

2022 Salary Cap

【キャップ-デッドマネー=キャップスペース】

EDGE サムソン・エブカン 8.2-1.7=6.5M
S ジミー・ウォード 12.9-9.9=3.0M

《トレード候補》
QB ジミー・ガロポロ 26.9-1.4=25.5M

ガロポロのトレードが成立すれば25.5Mものキャップスペースが生まれるので、これでキャップ問題はほぼ解決できます。

EDGEエブカン Sウォードはオーバーサラリー気味ですが来オフで契約が切れることもあり、契約見直しつつ延長もあるかもしれません。