今年も新人契約(4年間)が終わった2018年のドラフトを地区ごとに再評価していきます。


 チーム評価ルール 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【評価点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【評価点】
Apporoximate Value + オールプロ選出回数×3 + プロボウル選出回数

【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません

昨年との変更点は 指名点21~30位 9点 → 21~32位 9点 と1巡目指名でくくっただけです。

   :2021年シーズン時点で他チームに所属
   :2021年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ベンガルズ

2018-05cin

【評価点】87-【指名点】43= 44点【15位】

2018-05cin-1
2巡目54位 Sジェシー・ベイツ

1巡目Cビリー・プライスは昨年トレードでジャイアンツに放出 5年目オプションは破棄となり現在未契約となっています。

2巡目Sジェシー・ベイツはほぼ全試合出場し安定したパフォーマンスでパス守備の軸となっています。今年はフランチャイズ指定で残留となっています。

3巡目EDGEサム・ハバートはサック数はそこまで伸びませんでしたがプレッシャー率が高く先発EDGEとして活躍 昨年4年40Mで契約延長をしています。

1巡目のプライスが安定しなかったこともあり現在OLが固まらなかった原因を作ってしまったところはありますが、昨年のトレードの対価がDL B.J・ヒルだったこともあり、いいトレードとなり最後に価値を見出した形となりました。ベイツ ハバートで守備の軸を指名できスーパーボウル出場に貢献したので、基礎を作ったドラフトだったと言えるでしょう。


 スティーラーズ

2018-06pit

【評価点】65-【指名点】33= 32点【23位】

2018-06pit-1
1巡目28位 Sテレル・エドマンズ

1巡目Sテレル・エドマンズはほぼ全試合出場しましたが、対価に合わなかったのか5年目オプションは破棄となりました。ドラフト前に1年2.5Mで再契約となり戻ってきています。

2巡目WRジェイムス・ワシントンは2年目にブレークの兆しがありましたが、先発の壁に阻まれた形となりました。カウボーイズに1年1Mで移籍となりました。

3巡目QBメイソン・ルドルフはQBベン・ロスリスバーガーの後継者として期待されましたが、期待には応えられず 昨年1年5Mで契約延長しバックアップQBとなっています。

3巡目Tチャックウーマ・オクラフォーは一昨年から先発RTとなりました。3年29.25Mで再契約 先発Tとして期待されます。

Sエドマンズってそこまで評価低かったのかという感じですね。たしかに目立つ存在ではありませんでしたが。先発RTは確保できたのは良かったけど、もうちょっと主力になってくれる選手を指名できたらなぁと思うドラフトでした。


 ブラウンズ

2018-07cle

【評価点】151-【指名点】61= 90点【4位】

2018-07cle-1
1巡目1位 QBベイカー・メイフィールド

2017年のドラフトでトレードダウンの対価として1巡目と2巡目をもらっています。トレードアップしたのがテキサンズで、指名したQBデショーン・ワトソン。それが今年ブラウンズに来ることになったわけで、なんかこの2チームの関係性って結構因縁深いかもしれない。。。

1巡目QBベイカー・メイフィールドは2017年全敗だったチームに1年半振りの勝利をもたらせ、2020年にはプレーオフ進出とブラウンズを立て直しました。5年目オプション行使で残留となっておりフランチャイズQBとして契約延長をするものだと思われたのですが、まさかのQBデショーン・ワトソン獲得によるQB交代。チームにまだ所属しているものの、トレード先が見つからず宙に浮いている状態です。

1巡目CBデンゼル・ウォードはエースCBとして2度プロボウルに選出 能力は間違いないが怪我がちょっと多く欠場が多い。5年目オプションで残留後 5年100.5M CBの中で2番目のサラリーで契約(1位はGBジャイア・アレクサンダー)を勝ち取りました。

2巡目Gオースティン・コルベットは2年目にラムズにトレード 先発Gとして昨シーズンスーパーボウル制覇に貢献 3年26.25Mでパンサーズと契約しています。

2巡目RBニック・チャブは3年連続1000ヤードランを記録 プロボウルも3回選出されたリーグを代表するRBです 昨年3年36Mで契約延長しています。

ドラフト上位指名が攻守の主力として活躍し2020年のプレーオフ進出の原動力となりました。コルベットはCの先発に据える予定がうまく行かずトレード先で活躍したのはちょっと悔しいところはありますね。でもいいドラフトでした。メイフィールドの行方がどうなるかが不安ではあります。移籍先が同地区でなければ応援するよ!


 レイブンズ

2018-08bal

【評価点】226-【指名点】48= 178点【1位】

2018-08bal-1
1巡目32位 QBラマー・ジャクソン

超大当たりドラフトとなり178点と驚異的な数値となりました。これだけ当たりが引ければそりゃそうなるかという感じです。2位のコルツもすごかったのですがそれを上回るドラフトとなりました。

1巡目QBラマー・ジャクソン
はトレードアップで獲得し、QBランヤード歴代記録更新 2年連続1000ヤードラン 2019年シーズンMVP プロボウル2回 オールプロ1回選出とモバイルQBとして輝かしい活躍を見せました。5年目オプション行使で残留となっています。今年QB契約の相場が爆上がりしたので契約延長がどうなるか注目です。

1巡目TEヘイデン・ハーストは3年目にトレードでファルコンズに移籍となり先発TEとしてまずまずの成績を残しました。同年にマーク・アンドリュースが居たためレイブンズでは割りを食った形となりました。今年はベンガルズと1年3.5Mで契約しライバルとして戻ってきました。

3巡目Tオーランド・ブラウンは1年目から先発RTとして活躍、本人がLTプレイを希望したためトレードでチーフスに移籍 プロボウル3回選出 リーグトップクラスのTとして活躍しました。 フランチャイズ指定を受けチーフスに残留となっています。

3巡目TEマーク・アンドリュースはプロボウル2回 オールプロ1回選出 リーグを代表するレシービングTEとなり、チームのエースレシーバー的存在となっています。昨年4年56Mの大型契約で契約を延長しています。

6巡目Cブラッドレイ・ボウズマンは先発Cとしてチームのラン攻撃を支えました。パンサーズに1年2.8Mで移籍となりました。

評価点には入れていませんが、ドラ外ではRBガス・エドワースを獲得しており、エースRBとして活躍し昨年3年12.38Mで再契約しています。

同じくドラ外のCBダリアス・ウィリアムスは新人年に4試合出場後カットとなりラムズがウェーバーから拾い上げ先発CBとして起用。昨シーズンのスーパーボウル制覇に貢献しました。今年はジャガーズと3年30Mの大型契約を勝ち取り移籍しています。

CBアンソニー・アベレット LBケニー・ヤング Sデション・エリオットなど先発として出場している選手もおり、指名数12選手で上位でも下位でも当たりが多く、ドラ外でも当たりと文句の付け所がないドラフトと言っていいでしょう。見事なドラフトでした。

参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE