2019年ドラフト1巡目選手の5年目オプション契約行使期限が現地5月2日に締め切られました。
行使された選手が来年度1年全額保証契約となります。破棄された選手が来年FAとなります。




 5年目オプション行使・破棄一覧 




ポジ
ション
選手名 サラリー クラス
使
1 ARI QB カイラー・マレー $29,703,000 >1 Pro Bowl
2 SF EDGE ニック・ボサ $17,869,000 >1 Pro Bowl
3 NYJ DL クイネン・ウィリアムス $11,500,000 Basic
4 LV EDGE クレリン・フェレル $11,500,000 Basic
5 TB LB デビン・ホワイト $11,706,000 Playtime
6 NYG QB ダニエル・ジョーンズ $22,384,000 Playtime
7 JAC EDGE ジョシュ・アレン $11,500,000 Basic
8 DET TE T.J・ホッケンソン $9,392,000 1 Pro Bowl
9 BUF DL エド・オリバー $10,753,000 Playtime
10 PIT LB デビン・ブッシュ $10,892,000 Basic
11 CIN T ジョア・ウィリアムス $12,604,000 Basic
12 GB DL ラシャン・ゲイリー $10,892,000 Basic
13 MIA DL クリスチャン・ウィルキンス $10,753,000 Playtime
14 ATL G クリス・リンドストーム $13,202,000 Playtime
15 PIT
(WAS)
QB ドゥエイン・ハスキンス Release -
16 CAR EDGE ブライアン・バーンズ $16,012,000 1 Pro Bowl
17 NYG DL デクスター・ローレンス $10,753,000 Playtime
18 MIN C ギャレット・ブラッドベリー $13,202,000 Playtime
19 TEN DL ジェフリー・シモンズ $10,753,000 Playtime
20 DEN
→SEA
TE ノア・ファント $6,850,000 Playtime
21 GB S ダーネル・サページJr. $7,901,000 Playtime
22 PHI T アンドレ・ディラード $12,604,000 Basic
23 HOU T タイタス・ハワード $13,202,000 Playtime
24 LV RB ジョシュ・ジェイコブス $8,034,000 1 Pro Bowl
25 BAL
→ARI
WR マーキス・ブラウン $13,413,000 Playtime
26 WAS EDGE モンテス・スウェット $10,892,000 Basic
27 LV S ジョナサン・エイブラム $7,901,000 Playtime
28 LAC DL ジェリー・テイリー $11,500,000 Basic
29 SEA EDGE L.J・コリアー $11,500,000 Basic
30 KC
(NYG)
CB デアンドレ・ベイカー
Release -
31 ATL T カレブ・マクゲイリー $13,202,000 Playtime
32 NE WR ニキール・ハリー $12,425,000 Basic

参考
https://overthecap.com/fifth-year-option-projections/


2020年の労使協定により、5年目オプション契約は全額保証となりました。(解雇してもキャップスペースが空きません。これがQBベイカー・メイフィールドの移籍を妨げている原因とも言われています。)

労使協定によりポジション別に4段階わけられ5年目オプションのサラリーが決定となります。

ランクは上から
・プロボウル2回以上選出
・プロボウル1回選出
・2シーズンで75%以上のスナップ参加or3シーズンすべてで50%以上のスナップ参加
・上記以外


この4つのランクの中に当てはまるサラリーとなります。


オプション行使は19人 破棄は11人となりました。解雇された選手2人はオプション契約の権利も破棄されています。

5年目オプションを破棄された中では
【スティーラーズ】
 LBデビン・ブッシュ(34試合先発)
【レイダース】
 RBジョシュ・ジェイコブス(2年連続1000ヤードラン)
 Sジョナサン・エイブラム(28試合先発)
【チャージャース】
 DLジェリー・テイリー(29試合先発)


と先発として活躍しているメンバーが破棄されています。5年目オプションはどのポジションでも年10M前後くらいのサラリーとなるので、その対価に合わなかったという判断だったのでしょうね。ブッシュやジェイコブスは新人年はすごい活躍でしたが、昨年はちょっとその時の力が出せていないのも評価の対象となったのかもしれませんね。



行使した中ではカーディナルスのQBカイラー・マレーの動向が気になるところでしょう。『新契約がなければ今年はプレイしない』と言われており、チームと交渉がうまくいくのか、折れるのか、本気でホールドアウトする気なのか、トレーニングキャンプまでには決着をつけたいですね。

あとドラフト時にカーディナルスにトレードとなったWRマーキス・ブラウンも5年目オプション行使となっています。



今朝WRデアンドレ・ホプキンスがPED(ドーピング)で開幕6試合停止も決定となり、カーディナルスもニュースがもりだくさんですね・・・だからトレードでブラウン取ったんだろうなぁ。


【2022年ドラフト名鑑 4/6発売!】