9/11最終更新 WR・DL・LB・CB 追記あり


 過去の戦績と
 昨年のチームスタッツ

 過去5年間の成績 

年度  勝   負  備考
2021 7 10 地区3位
2020 4 12 地区4位
2019 7 9 地区2位
2018 7 9 地区2位
2017 10 6 地区3位
DP敗退

 2016年にスーパーボウル出場以来成績がイマイチ伸び悩むシーズンが続いています。攻撃はいいのですが、守備が保たないのが原因で、それがずっと改善されていない内に、QBマット・ライアンも流石に衰えが隠せなくなってきたなという印象です。

 今年は現状打破でQBデショーン・ワトソン獲得に乗り出していましたが獲得出来ず、マット・ライアンとも別れ、新ファルコンズ始動1年目となり、新たな船出がどうなるかというシーズンになるでしょう。


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-027atl

 真っ青なスタッツを見てもらえば分かる通り、このチームスタッツでよく7勝したなと思います。一番良かったのはKク・ヨンホのキックと、新人TEカイル・ピッツが新人TE2位となる1026レシーブヤードを記録したこと それ以外あまりいいと言える部分はなかったのかなと思います。

 守備も昨年も改善出来ず。特にパスラッシュがサック数 プレッシャー率どちらもリーグ最下位の成績となっており、まずここをある程度改善されないことにはどうにもならない状態ですね。

 今年は課題が多く、厳しいシーズンになるかもしれませんが、今年が起点となるシーズンになることを願いたい。

 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC アーサー・スミス 40
OC デイブ・ラゴーン 43
DC ディーン・ピーズ 73

2022-23atl-01
HC アーサー・スミス

 首脳陣はいずれも2年目を迎えます。攻撃畑のアーサー・スミスHC OCデイブ・ラゴーンは新QBとなる攻撃陣をどう指揮していくかはきになるところです。大変な状況ではありますが、上がり目が見えるシーズンとなることを期待しましょう。

 DCディーン・ビーズはどんな状態でもいいので失点を減らす結果を出したい。ドラフト上位は守備に費やした感じなので、この新人達が守備の軸となるようにうまく采配したい。

 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名 大学名
1 8 WR ドレイク・ロンドン USC
2 38 EDGE アーノルド・エビケティ Penn State
2 58 LB トロイ・アンダーセン Montana State
3 74 QB デズモンド・リダー Cincinnati
3 82 EDGE ディアンジェロ・マローン Western Kentucky
5 151 RB タイラー・オールゲイエ BYU
6 190 G ジャスティン・シェイファー Georgia
6 213 TE ジョン・フィッツパトリック Georgia

2022 Draft08
1巡目 WR ドレイク・ロンドン

 1巡目指名でWRドレイク・ロンドンを獲得 不足しているレシーバーのエース候補を補強しました。埋められなかったフリオ・ジョーンズの穴をロンドンが埋めてくれることに期待したい。

 2巡目以降は守備を重点的に指名しました。特に2巡目EDGEアーノルド・エビケティ 3巡目EDGEディアンジェロ・ローマンがチームのパスラッシュを担う選手になってくれることを期待したい。

 詳しくはドラフト記事を御覧ください



 ロースター


 【攻撃編】 

2022-23atl-03
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



2022-23atl-02
QB マーカス・マリオタ
 QB 



 今オフはデショーン・ワトソンの争奪戦に参加しましたが獲得出来ず、その裏で進めていたマット・ライアンのトレードはしっかり行い、コルツに移籍となりました。ライアンは勝負弱さはあったのもの、2016年シーズンにMVPとスーパーボウル進出など、ファルコンズの攻撃を14年間怪我なく支えてきた功労者であることは間違いない。新天地での活躍を期待したい。

 今年は新QBとしてマーカス・マリオタを獲得しました。昨年まではレイダースのバックアップを務め、REDZONEオフェンスでスポット起用をされていました。元々はドラフト1巡目指名でタイタンズのスターターQB タイタンズを2度プレーオフに導いたQBでした。今年は先発QBに返り咲くチャンスをもらい再び輝けるか注目です。個人的にスター性を感じていたQBなので復活してほしいですね。

 3巡目指名でデズモンド・リダーを獲得しています。マリオタが上手くいかなければ出場のチャンスもあるでしょう。ランパスオフェンスが得意なQBのようです。



 RB 
2022-23atl-03
RB/WR/ST コーダレル・パターソン


 ラン・レシーブ・リターナーの八面六臂で活躍したRB登録のコーダレル・パターソンは2年10.5Mで再契約となりました。オールプロ4回選出 キャリア通算8回のリターンTDを記録するリターンのスペシャリストでしたが、昨年はRB/WRとして30歳にして大ブレークとなりました。今年もオールマイティなプレイで活躍が期待されます。

 2番手以降が薄い印象です。ダミアン・ウィリアムスを補強はしましたが、ドラフト下位指名の若手が成長してくれることを期待したい。





 昨年心身的な理由で開幕直後に離脱となったエースWRカルビン・リドリーが離脱中にNFLの試合のスポーツベット(賭博)を行っており無期限出場停止処分となりました。他のスポーツなら罰せられなかっただろうに。。。かなり重い処分となりました。

 昨年770レシーブヤードを記録したラッセル・ゲージもバッカニアーズに移籍となり、ほぼ新ユニットで今年は望むこととなります。

 WR 


 今年はドラフト1巡目指名のドレイク・ロンドン レイダースからトレードで獲得したブライアン・エドワーズの2人が先発となることでしょう。

 ロンドンは今年のドラフトで一番早く指名されたWRです。長身ながらランアフターキャッチ能力も高く一発でTDまで持っていく力がある選手です。

 エドワーズは昨年レイダースでディープスレットレシーバーとしてまずまずの結果を残しました、今年3年目の若手でまだまだ伸び代がある選手です。

 スロットは競争となりそうですが、デプス上ではオラミディ・ザッキアスが有力のようです。この2人の若手WRコンビは楽しみですね。

 ※追記 



 リストには載せていませんがドラフト外のラクロスから転身したジャレッド・バーンハートがロースター入りとなりました。別競技のトップ選手のNFL挑戦は楽しみですね。カレッジ時代はQBをやっていてそれなりに実績はあったようです。



 TE 
2022-23atl-05
TE カイル・ピッツ
 カイル・ピッツは昨年1000ヤードレシーブ超えを記録しました。新人TEとしては2人目となる記録だったそうです。正直TEというよりもディープスレットのWR的な起用方法が多かったのですが、今年はTEポジションとしての起用が増えるのかなと思います。

 アクロバティックなキャッチがうまい印象で、ワンハンドなどでも安定して捕球してくれます。今年もレシーブ能力を発揮していい記録を出してほしい。

 本来のTEとしての役割をしていたヘイデン・ハーストはベンガルズに移籍となり、今年の2番手は補強したアンソニー・ファークサーとなることでしょう。



 OL 


 昨年と先発はおそらく変更なく行くと思われます。プレッシャー率が30位とあまりチームスタッツ的には良くなかったので、今年はもう少しQBにプレッシャーが行かないようにしたい。ポケットタイムもリーグ平均レベルなんですが、個人評価のPFFのグレードは高いんですよね。

 LTのジェイク・マシューズは3年の延長契約となりました。7年間怪我なしで127試合連続先発出場中ということもあり、離脱が少なくプロボウルも1回選出経験のある選手なのでこの安定感を今年も発揮して欲しい。

 QBがライアンからマリオタに変わり、プレッシャーを交わす能力はマリオタの方が高いはずなので、変わらないメンバーでも成績はあがるかもしれませんね。



 スペシャルチーム 
2022-23atl-04
K ク・ヨンホ



 Kク・ヨンホはFG成功率93.1% 2年連続で90%超えの安定した成功率を記録しています。この好成績ということもあり5年14.25Mで契約延長を勝ち取りました。キッカーとしてはリーグ3位のサラリーとなります。現時点で唯一のアジア人プレイヤーで、韓国籍の選手です。



 【守備編】 

2022-23atl-04
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



 DL 
2022-23atl-06
DL グレイディ・ジャレット



 グレイディ・ジャレットと3年延長契約を交わしました。昨年はダブルカバーされることが多く1.0サックとあまり力を発揮出来なかったシーズンでした。プロボウル2回選出でリーグトップクラスのDLで相手としてはマークを厚くせざるを得ない選手です。



 今年はエディ・ゴールドマンを補強しジャレットとのコンビが楽しみだったのですが、キャンプ前に引退を表明 完全に計算が狂いました。

 現時点で先発が決まっているのはジャレットのみで、3-4体型ということでマーロン・デビソンの他 リストに載せていない若手から先発が決まると思われます。今年もジャレッドがダブルカバーで封じられて何も結果を残せないということにならなければいいのですが。

 ※追記 

 マーロン・デビソンが怪我人リスト入りとなりました。ジャレッド以外の選手が未知数となってしまいました。逆にこのチャンスを掴み取ってくれる選手が出てくることに期待するしかない。



 EDGE 
 昨年はサック・QBプレッシャー共に最下位となり結果を残せなかったこともあり、若手以外は全員放出という大ナタを振るいました。

 今年は1巡目指名アーノルド・エビケティ 3巡目指名ディアンジェロ・マローン 2年目アデトクンボ・オグンデジの3人を中心にまわしていくこととなるでしょう。昨年最下位ですし思い切った戦略で面白いのではないでしょうか。これが吉とでるか凶とでるかギャンブルに期待しましょう。



 LB 
2022-23atl-07
LB ディオン・ジョーンズ

 昨年タックル王となったフォイエ・オルーカンはジャガーズに移籍となりました。高額契約だったので致し方がないところでしたね。

 今年の先発はディオン・ジョーンズは確定 ジョーンズはキャリア6年で5回100タックル超えを記録しているタックルマシーンであり、パスカバー・ブリッツも良い優秀なLBです。チームの主軸となってくれる選手です。

 補強したラッシャン・エバンス 2巡目指名のトロイ・アンダーセンで先発を争う形となりそうです。エバンスは良くも悪くも派手さはあまりない堅実なタックラーです。新人のアンダーセンのパフォーマンスがどれくらいかで先発が決まることになりそうです。

 層は昨年よりも厚くなったので選択肢が増えたというのはいいことでしょう。

 ※追記 

 ディオン・ジョーンズが怪我人リスト入りとなり序盤戦は欠場となります。守備の中心選手ということもあり、ちょっと苦しい序盤戦となるかもしれません。



 CB 
2022-23atl-08
CB A.J・ティレル

Image
 A.J・ティレルはゾーンカバーに長けた選手で、そのカバーの範囲の広さで『ティレルアイランド』という愛称がつく活躍を見せました。マンカバーももちろん良く、今年のプロボウル候補選手の一人となることでしょう。

 コンビを組むのはケイシー・ヘイワードが有力でしょう。昨年はレイダースに移籍しましたがちょっとチームにフィットせず、あまり実力を発揮できないシーズンでした。プロボウル2回選出の実績を見せつけたい。

 昨年序盤でシーズンエンドとなったアイシャ・オリバーはスロット対応 控えからのスタートとなりそうです。復活となるといいですね。

 ※追記 

 アイシャ・オリバーは怪我人リスト入りとなりました。離脱中スロット対応の穴を埋めるのは誰になるのか戻ってくるまでは争いとなりそうです。



 S 
 昨年はデュロン・ハーモン エリック・ハリスのコンビが先発でしたが、ハーモンはレイダースに移籍となりました。

 今年はジェイリン・ホーキンス リッチ・グランドの若手がコンビを組むことに期待したいだろう。転換期を迎えるチームではあるので、若手で勝負して上手く転がればいいなぁという感じはあるでしょう。


 スケジュールと展望


 スケジュール 

2022スケジュール27atl

 開幕戦の同地区セインツ戦は新チームとなったファルコンズの実力を計るいい相手ですね。今年のファルコンズがどういうチームとなるのか占う一戦となりそうです。

 バイウィークがWeek14と深い位置なので、中盤戦にスタミナ切れを起こさないように気をつけたい。今年はNFC西とAFC北との対戦となるので、正直きつい相手が多めですね。


 展望 

 昨年よりも良い点 
  • RB/WR/STパターソンと再契約できた
  • WRロンドン TEピッツの長身レシーバーコンビ
  • LBジョーンズ CBティレルの守備の軸は楽しみ
 昨年よりも不安な点 
  • QBライアン⇒マリオタでどうなるか
  • WRの総入れ替えでどうなるか
  • 層の激薄のDL
  • 若手・新人しかいないEDGE
 今年はQBライアンと決別となり、チームは転換期のシーズンとなります。QBマリオタは個人的には楽しみではありますが、ブリッジQBとしての扱いでしょう。このパターンでタイタンズQBタネヒルは再生されましたし、チャンスをつかんでほしい。

 RBパターソン WRロンドン TEピッツの攻撃ユニットは結構やるような気がするメンバー構成です。WRは総入れ替え状態ですが不安と楽しみが混在した感じですね、どうなるか開幕してみてからでしょうね。

 相変わらず守備1列目は不安なままですね。完全に新人頼りとなります。最下位だったサック・プレッシャー率は改善されるのかはなんとも言えない。

 守備はLBジョーンズ CBティレルの活躍は期待できそうなので、そこから守備を盛り上げられるといいんですがね。

 楽しみな部分は結構ありますが、プレーオフ圏内かと言われるとちょっと厳しい戦力状況かなと思います。若手の目が出て今後のファルコンズの軸となれる選手に育つのを見守るシーズンとなることでしょう。


【NFL 選手名鑑2022】8/31発売!