9/11最終更新 QB・WR・LB 追記あり


 過去の戦績と
 昨年のチームスタッツ

 過去5年間の成績 

年度  勝   負  備考
2021 8 9 地区2位
2020 7 9 地区3位
2019 10 6 地区2位
DP敗退
2018 8 7 1 地区2位
2017 13 3 地区1位
CC敗退

 ここ2年やきもきする試合が多かったなぁという印象です。プレーオフ圏内の戦力はあったチームだとは思いますが、結果が出ない2年間でした。QBカーク・カズンズのパフォーマンスが安定性がなく、いい時と悪い時の差が激しいんですよね。なのでポテンシャルはあるだけに評価もし辛いQBです。

 守備が保たなくなってきたのが負け越しの大きな原因ではあります。勝ち越しをしていた時はリーグトップクラスの守備で、守備が軸となっているチームです。守備が悪ければそのままチーム成績に影響が出るのは致し方がないところですね。まずは守備のチームに戻ることが課題となるでしょう。


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-022min
 攻撃はラン・パス共に悪くはないスタッツです。思いの外RedzoneのTD率が高いのがいいところですね。ただQBカーク・カズンズがプレッシャーに飲み込まれやすいところが悪い面で出ている感じですね。

 攻撃の軸はランです。RBダルビン・クックが数試合欠場もあったこともあり、例年よりもスタッツ的には伸びませんでした。TOP10には入りたいですね。

 問題はご覧の通り守備ですね。ラン・パスともに喪失ヤードが下位となり、失点も下位です。3rdダウン阻止率 サック・プレッシャー率などは上位なので、普通ならもっと抑えられるはずなんですが、弱点のCBがやはり抑えきれなかったところが問題だったのかなと思います。

 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC ケヴィン・オコネル 37
OC ウェス・フィリップス 43
DC エド・ドナテル 65

2022-26min-01
HC ケヴィン・オコネル



 8年間HCを務めたマイク・ジマーを解任しました。72勝56敗 プレーオフには3回進出しましたが、2年連続負け越しということでチームの体制を入れ替えることとなりました。あとは守備畑のコーチながら守備の立て直しが失敗したところもあったとは思います。



 新HCにはラムズのOCのケヴィン・オコネルを招聘しました。ラムズ シーン・マクベイの元から4人目のHC就任となります。

 オコネルはNFLでQBとしてプレイ経験があります。ただキャリアのほとんどはバックアップQBの生活でした。2015年からコーチ業を始め初めてのHC業となります。攻撃畑のコーチとして攻撃をトップレベルに押し上げられるかが注目です。

 OCはウェス・フィリップスが務めます。昨年はラムズでTEコーチを務めており、オコネルHCの右腕として一緒に引き連れてきた形となりました。

 DCはエド・ドナテルが就任 昨年はブロンコスのDCを務めており、素晴らしい成績を収めていたコーチです。守備改善にはうってつけの人材かと思われます。

 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名 大学名
1 32 S ルイス・シーン Georgia
2 42 CB アンドリュー・ブース Clemson
2 59 G エド・イングラム LSU
3 66 LB ブライアン・アサモア Oklahoma
4 118 CB アケイレブ・エバンス Missouri
5 165 EDGE エセジ・オトメウォ Minnesota
5 169 RB タイ・チャンドラー North Carolina
6 184 T ヴェデリアン・ロウ Illinois
6 191 WR ジェイレン・ネイラー Michigan State
7 227 TE ニック・ミューズ South Carolina

2022 Draft32
1巡目 S ルイス・シーン

 1巡目指名でSルイス・シーンを獲得 エクゼビア・ウッズの抜けたSの先発として期待されます。

 2巡目指名でCBアンドリュー・ブースを獲得 近年悩まされているCBが固定できない問題。開幕先発を担う選手として期待されます。

 詳しくはドラフト記事を御覧ください



 ロースター


 【攻撃編】 

2022-26min-03
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



2022-26min-02
QB カーク・カズンズ

 QB 


 カーク・カズンズはバイキングスに来て4年間でプレーオフ1回 負け越し2回と正直期待に応えられる活躍とは言えません。ただバイキングスはカズンズの可能性にかけ1年35Mで契約延長をしました。

 個人成績は確かにいいんですが、チームの勝ちに結びついておらず、プレッシャーがかかった場面で勝負を避けてしまうところがあります。そろそろチームの期待に応える結果をださなければならないだろう。

 バックアップにはショーン・マニオン ケレン・モンドが控えます。2年目のモンドにももう少しチャンスを上げてみてもいいかもしれませんね。

 ※追記 



 ショーン・マニオン ケレン・モンドを解雇しました。モンドは1年で解雇となったのはチームがGM・HC交代の影響もあったかもしれません。モンドはウェーバーでブラウンズが拾い上げ契約となっています。



 バックアップQBにはニック・マレンズをトレードで獲得しています。今年FA選手をトレードで獲得ということもあり、先に契約しておけば、というもったいない感がありますね。



 RB 
2022-26min-03
RB ダルビン・クック


 ダルビン・クックは昨年4試合の欠場がありながらも1159ランヤードを記録しました。カットバックをしてもスピードがあまり下がらないランで一気に突き抜けることができます。

 毎年欠場が多いのはチームの起用法がちょっと無理させているところもあるので、もう少しスナップを分けるべきだと思います。使い続けたい気持ちもわかるんですけどね。

 2番手アレクサンダー・マティソンは491ランヤードを記録し、クック不在時もしっかり穴を埋める活躍をしました。クックの負担を減らせる存在だと思います。後は首脳陣の起用方法次第でしょう。



 WR 
2022-26min-04
左 WR アダム・シーレン
右 WR ジャスティン・ジェファーソン



 エースは3年目のジャスティン・ジェファーソン 2番手にアダム・シーレンとなります。この2人のコンビが今年もパス攻撃の主軸となることでしょう。

 ジェファーソンは昨年108レシーブ 1616レシーブヤード 10TDと見事な活躍で2年連続となるプロボウル選出となりました。リーグトップ5の中に入るレシーバーと言っていいでしょう。ランアフターキャッチ ミドル ディープスレットなんでもこなせる万能型レシーバーです。

 シーレンは32歳を迎えるシーズンとなり全盛期は過ぎましたが、昨年も10TDを記録するなどクラッチ能力の高さを発揮したレシーバーです。

 3番手となるK.J・オズボーンは昨年655レシーブヤード 7TDを記録しキャリアハイの成績を残しました。ジェファーソンと共にバイキングスのパス攻撃を今後も支える選手として期待したいレシーバーです。

 ※追記 



 ジェレン・リーゴーをトレードで獲得しました。ビシ・ジョンソンがシーズンエンドとなったので、控えの1番手として補強したものと思われます。



 TE 


 昨年は先発と期待していたアーバ・スミスJr.は開幕前にシーズンエンドとなり、今年は復活をかけるシーズンとなります。今年はスミス以外のTEの戦力が不透明で復活してもらわないと戦力がかなりダウンしそうです。もう少し補強しておいてほしかったポジションですね。

 昨年スミスの代役で593レシーブヤードを記録しプチブレイクしたタイラー・コンクリンはジェッツに移籍となりました。



 OL 
2022-26min-05
T ブライアン・オニール

 昨年のOLは少しプロテクションは向上したとは言えまだリーグの中では中位くらいな感じです。QBカズンズがあまりモビリティがないので、もう少しプロテクションを向上できればなぁという感じです。

 補強は2巡目指名のGエド・イングラムくらいですが、昨年初のプロボウル選出の4年目のTブライアン・オニールを筆頭に若手のメンバーで構成されており、まだまだ伸び代があるはずです。さらに成長していくユニットを見守りましょう。



 スペシャルチーム 
 Kグレッグ・ジョセフ 昨年はFG成功率86.8%となかなかの精度のキックを見せました。キック力もあり50ヤード超えを7本成功させています。ただXPを結構はずすんですよね。元ブラウンズ所属選手で、XPの精度の悪さは当初から悩みでした。今年はそこが改善されることを願いたい。



 【守備編】 

2022-26min-04
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



 DL 
 先発はデビン・トムリンソン アーモン・ワッツとなりそうです。昨年と変わらないコンビとなります。

 ワッツが5.0サック トムリンソンが2.5サックとまずまずのプレッシャーをかけられています。ただ課題はランストップ面かなと思いますので、中央突破されないようしっかり壁となっていきたい。

 今年は3-4体型で行くとのことなのでNTハリソン・フィリップスを起用するみたいです。3-4やるならもう少し補強してほしかった感じもしますね。

 昨年ローテーションメンバーだったシェルドン・リチャードソンとは再契約しませんでした。現状のメンバー構成を見ると、安くてもいいなら戻したいところもあります。



 EDGE 
2022-26min-06
EDGE ザデリアス・スミス


 今年の先発はザデリアス・スミス ダニエル・ハンターとなるでしょう。

 スミスは昨年パッカーズに所属でしたが序盤で負傷しプレーオフまで戻ってこれませんでいた。高額サラリーを理由に解雇となりバイキングスが3年42Mで契約となりました。復活のシーズンとなって、古巣パッカーズ相手に奮闘してくれることを期待したい。

 ハンターも昨年中盤戦に負傷でシーズンエンドとなりました。ハンターも復活のシーズンとなります。スミスと共に強力パスラッシャーコンビとなることを期待したい。

 昨年穴を埋めてチーム最多の8.0サックを記録したD.J・ウォナムもローテーションで使いたいところです。この3人の中でDLに回れる選手がいればいいんですが、全員サイズ的にDLは厳しそうなタイプなんですよねぇ。全員常にフィールドに立てるといいんですが、いい方法があればいいんですがねぇ。



 LB 
2022-26min-07
LB エリック・ケンドリックス

 先発はエリック・ケンドリックス ジョーダン・ヒックスのベテランコンビとなります。ラン守備が昨年上手くいかなかったことでしっかり補強した形となりました。

 ケンドリックスは昨年チーム最多の143タックルに加え5.0サックを記録 苦しんだラン守備野中一人気を吐く活躍を見せました。

 ヒックスは昨年カーディナルスで116タックル 4.0サックを記録 昨年26位と低調だったラン守備の再生のための補強となりました。

 NFCを代表するLB2人が組み、中央の守備はしっかり固めていく意思を感じます。EDGEと共に楽しみなユニットとなりそうです。

 3巡目指名のブライアン・アサモア 2年目チャズ・スラットは控えスタートとなります。ベテラン勢からしっかり学んで来るべき世代交代に備えてほしい。

 ※追記 

 2年目のチャズ・スラットを解雇しました。昨年と首脳陣が変更したことで前体制との変化で割りを食った感じでしょうね。もう少し様子みてほしかった感じはしあmすね。



 CB 


 ここ数年一番の課題を抱えるCB 昨年パトリック・ピーターソンを補強しましたが、ピーターソンのパフォーマンスは衰えを感じ、あまり改善は出来ずに終わりました。今年も1年再契約となりました。オールプロ3回 プロボウル8回の実績を持つ選手なので再起となるシーズンとなって欲しい。

 2巡目指名でアンドリュー・ブースを獲得し即戦力として期待されます。キャメロン・ダンズラー チャンドン・サリバン 4巡目指名のアケイレブ・エバンスの4人でサイドとNBの枠を争うこととなるでしょう。若手の力でパス守備の改善されるといいですね



 S 
2022-26min-08
S ハリソン・スミス

 今年はFSハリソン・スミス SSに1巡目指名のルイス・シーンとなるようです。

 近年スミスはSSに回り前目のポジションに配置されることが多かったのですが、やはり最後の砦として構えてもらったほうがチームにとっては良いような気がします。昨年も6度目のプロボウルに選出されたリーグを代表するSがDBのリーダーとして活躍することが守備改善の第一歩となることでしょう。

 シーンは前へ詰めるプレイが得意のようなので、ランサポート向きかもしれません。1巡目指名の期待に応えてほしいですね。



 スケジュールと展望


 スケジュール 

2022スケジュール22min

 まず開幕戦で同地区のパッカーズ戦となります。現状パッカーズ一強の地区となってしまっているので、ここで叩いて今年は違うぞというところを見せたい。

 同地区の対戦が序盤と終盤に固まっており、中盤戦での同地区以外との対戦で勝ち越せるかも重要となるでしょう。とにかくパッカーズを叩かないと地区優勝の目はない。


 展望 

 昨年よりも良い点 
  • OLを更に補強
  • EDGE Z・スミス LBヒックスの補強で安定したフロント7に期待
  • DB陣指名を中心としたドラフト
 昨年よりも不安な点 
  • QBカズンズへの過度な期待
  • TEの層激薄
  • 3-4に転換するが選手がフィットできるのか
  • DLのランストップ能力への疑問
 攻撃陣はとにかくQBカズンズ次第だろう。個人成績のみでチームの結果には反映しなかったこともあり、フロントはカズンズへの評価が高すぎなのでは?という疑問もあります。昨年は守備がもう少し安定すればというところがあったとは思います。毎年カズンズ以外にも原因があるからという理由なのでしょうね。今年こそ結果を残さなければなりません。

 OLは若手の成長に期待できるのですが、TEが怪我明けのスミス以外に戦力と計算できる選手が居ないのは不安しかないだろう。TEの隠し玉的存在がいるのであればいいが。

 守備は長年4-3だったのを3-4に転換となる、昨今NBを起用する5バックが主流となり、フロント7の配置はそこまで気にならない要素にはなってきたが、DLを3枚おけるほど戦力がいないのは気になるところ。ランストップ能力もなんとも言えないところです。

 ただEDGEスミス LBヒックスの補強 ドラフトで厚く指名したDB陣は確実に戦力アップしましたので、DLの不安要素はしっかりサポートできる体制となっているだろう。

 QBカズンズへの信用度が個人的に年々落ちてきていることもあり、あまり強く押せないところがある。戦力的には十分プレーオフ争いができると思うので、とにかく結果を残してほしい。


【NFL 選手名鑑2022】8/31発売!