9/11最終更新 QB・LB 追記あり


 過去の戦績と
 昨年のチームスタッツ

 過去5年間の成績 

年度  勝   負  備考
2021 3 13 地区4位
2020 5 11 地区4位
2019 3 12 地区4位
2018 6 10 地区4位
2017 9 7 地区2位

 2018年から4年連続最下位となってしまいました。2017年にジム・コールドウェルHCを解任して以降チームが勝ち方が思い出せなくなったように歯車が噛み合わなくなった印象です。

 昨年はQBマシュー・スタッフォードと別れQBジャレッド・ゴフを先発に迎えましたが、引き分けを挟み開幕10連敗を喫しました。試合内容は決して劣らないのですが、勝負弱さと運がなかったシーズンでした。今年は立て直しの兆しが見えるシーズンとなって欲しい。


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-024det
 攻撃は得点力不足が問題でした。決定力が付けばもう少し勝ち星は拾えたことでしょう。RBデアンドレ・スイフト WRアモーラ・セイントブラウンなどブレークしそうな若手もいますので、改善する可能性は十分秘めています。あとはどう攻撃を組み立てるかだけなんです。

 攻撃の足を引っ張ったのは明らかに守備でしょう。全スタッツリーグワースト10では流石にあかんですわ。改善させるところが多いので徐々に良くしていくしかないだろう。

 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC ダン・キャンベル 46
OC アンソニー・リン 54
DC アーロン・グレン 49

2022-28det-01
HC ダン・キャンベル

 HCダン・キャンベル OCアンソニー・リン DCアーロン・グレン 共に就任2年目となります。攻撃は少し上がり目が見える段階ではあり、決定力の向上が今年の課題となります。若手選手を一気に開花させ、同地区に負けない攻撃ユニットとなって欲しい。

 問題は守備の方です。ドラフトでEDGEを重点的に指名したこともあり、まずはパスラッシュの改善からなんとかしたいところでしょう。少しでも改善できるようグレンDCの手腕をみせてほしいですね。

 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名 大学名
1 2 EDGE エイダン・ハッチンソン Michigan
1 12 WR ジェイミソン・ウィルソン Alabama
2 46 EDGE ジョシュ・パスカル Kentucky
3 97 S カービー・ジョセフ Illinois
5 177 TE ジェームズ・ミッチェル Virginia Tech
6 188 LB マルコム・ロドリゲス Oklahoma State
6 217 LB ジェームス・ヒューストン Jackson State
7 237 CB チェイス・ルーカス Arizona State

2022 Draft02
1巡目 EDGE エイダン・ハッチンソン

 1巡目指名でEDGEエイダン・ハッチンソン 2巡目指名でEDGEジョシュ・パスカルを獲得しました、守備改善のためにこの2人のパスラッシャーには即戦力として期待されています。新人2人が開幕先発も十分あるえしょう。

 もうひとりの1巡目指名でWRジェイミソン・ウィルソンを獲得 アモーラ・セイントブラウンとの若手タンデムも可能性があり、楽しみな攻撃ユニットとなりそうです。

 詳しくはドラフト記事を御覧ください



 ロースター


 【攻撃編】 

2022-28det-03
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



2022-28det-02
QB ジャレッド・ゴフ
 QB 

 昨年マシュー・スタッフォードと交換でラムズから移籍してきたジャレッド・ゴフ 当初は1年で切られる可能性もあるのではと言われていましたが、2シーズン目突入となります。昨年は途中怪我で離脱もありましたが14試合先発で3勝10敗1分と苦しいシーズンとなりました。

 高いパス精度でリズムをつくって小刻みに投げ分けていくタイプです。一撃必殺というタイプではないこともあり、戦力足らずで苦戦したのは否めませんでした。ターゲットの枚数が増えた今年は本領発揮となるかもしれません。

 バックアップはティム・ボイル デイビット・ブロウの2人の争いとなるでしょう。2人体制となった場合は生き残りをかけた争いとなります。

 ※追記 



 ティム・ボイル デイビット・ブロウはロースターに残れませんでした。バックアップにはリストには載せていませんが、ネイト・サドフェルドを補強しています。



 RB 
2022-28det-03
RB デアンドレ・スイフト



 3年目のデアンドレ・スイフトにエースとなる活躍を期待したい。チェンジオブペースがうまくカウンターで一気に行くランがうまい選手です。

 ライオンズの若手エースRB候補ってどうしても怪我に悩まされる傾向にあるんですよね。(アミール・アブドゥーラ ケリヨン・ジョンソン)スイフトも2シーズンとも数試合の離脱をしています。まだ大怪我がしていないのが一安心ですが、今回こそ怪我をせずライオンズのランの軸となり数年活躍してくれることを願いたい。

 2番手はジャマール・ウィリアムスが務めることでしょう。中央突破力がある中堅RBです。個人的にはクレイグ・レイノルズも気になっている選手です。終盤戦に先発をして1試合100ヤードを達成しています。ただウィリアムスのパフォーマンスは安定していますし、3番手なので出場機会は限られることでしょう。



 WR 
2022-28det-04
WR アモーラ・セイントブラウン



 新人年90レシーブ 912レシーブヤードを記録した2年目のアモーラ・セイントブラウンがエース候補となることでしょう。ミドルレンジレシーバータイプで、ゴフとは相性がいいタイプです。ランアフターキャッチの能力も高く、パス攻撃にリズムを与えてくれる選手です。


 ディープスレットタイプとしてD.J・チャークを補強しました。

 セイントブラウンがスロットとなることになりそうです。ゴフもディープを狙えないわけではないので、チャークの能力発揮と共にパス攻撃を牽引してほしいですね。



 1巡目指名のジェイミソン・ウィルソンはNFIリストスタートとなりました。カレッジチャンピオンシップでのACL断裂となり、開幕には間に合いませんでした。ただNFIリストなので、状態が良くなれば復帰可能です。中盤戦当たりからの復活を期待したい。

 昨年から比べるとターゲットは豊富になりました。これで得点力がアップしなければQB交代も考えざるを得ませんね。



 TE 
2022-28det-05
TE T.J・ホッケンソン
 T.J・ホッケンソンはこれまでエースレシーバーとしてチームを牽引してきました。今年はWRが充実したことにより、ホッケンソンにはクラッチ能力を発揮して欲しいですね。今年チームが結果をだして、ホッケンソンと長期延長契約を結ぶのが理想となりそうです。

 ホッケンソン以外は無名の若手ばかりとなるので離脱だけは避けなければならない。



 OL 
2022-28det-06
C フランク・ラグノウ

 昨年は序盤戦でCフランク・ラグノウがシーズンエンドとなりました。プロボウル1回選出のラグノウの復活が今年のOLを占うこととなりそうです。

 昨年のドラフト1巡目指名のTペニー・ソーウェルは序盤苦しみましたが、中盤以降はプロの水に慣れてきましたし、Gジョナ・ジャクソンは初のプロボウルに選出されています。

 メンバーが全員揃えばリーグトップクラスのOLになる可能性も秘めており、今年の攻撃をしっかりサポートできる体制は整ったと言えるでしょう。



 スペシャルチーム 
 Kオースティン・サイバート 昨年は途中離脱となり6試合出場のとどまりったので、今年はリベンジとなります、キャリア通算では82.0%と平均くらいな成功率です。元ブラウンズ勢のキッカーはそれなりに安定しているので、サイバートも続いてほしい。

 Pジャック・フォックス 昨年はアベレージ49.2でリーグ2位の成績となりました。キック力の高さを証明したシーズンでした。プロボウル候補のパンターの一人です。



 【守備編】 

2022-28det-04
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



 DL 
2022-28det-07
DL マイケル・ブロッカーズ



 先発はマイケル・ブロッカーズ アリム・マクニールとなります。

 ブロッカーズは昨年ライオンズにトレードで移籍となり16試合先発出場しランストッパーとしてがんばりました。ただチームとしてはラン守備はうまくいきませんでした。あまり補強はできていないので、若手選手を引っ張り上げる活躍が必要となりそうです。

 2年目のマクニールは巨漢NTです。今年はEDGEが補強されたこともあるので、中央からの押し込みでプレッシャーをかける役として期待したい。

 正直昨年と戦力的には変わらないので、成長が必要となるでしょう。ちょっと不安なユニットです。



 昨年までは弱点と言っていいパスラッシュ。今年は2位指名のエイダン・ハッチンソンが即戦力としてチームの中心選手になってくれることを期待したい。プレシーズンでもいいラッシュをかけており期待は膨らみます。

 EDGE 
 コンビを組むのは昨年7.5サックを挙げたチャールズ・ハリス 一昨年10.0サックを挙げたが昨年は序盤でシーズンエンドとなってしまったロメロ・オクワラの争いとだったんですが、オクワラがPUPリスト入りとなり、ハリスが先発がほぼ確定的となりました

 2巡目指名のジョシュ・パスカルもPUPリストスタートとなり怪我人が開幕前から多いのがちょっと気になりますね。



 3年間所属したトレイ・フラワーズは解雇となりました。残念ながら期待には応えられなかったこともあり仕方がないところでしょう。元ペイトリオッツ軍団をかき集めた前HCマット・パトリシアの策でしたが、不発に終わったのは残念でした。


 LB 



 アレックス・アンザローネ 6巡目指名のマルコム・ロドリゲスが先発有力とのことです。

 ロドリゲスは下位指名の新人選手ですが頭角を現した選手だそうです。昨年はラン守備が良くなったこともあり、この新戦力の頭角は楽しみですね。



 出戻りとなったジャレッド・デービスはまずは控えスタートとなるかもしれません。近年成績はあまりよくありませんが、2018年には100タックル 6.0サック 10ロスタックルを記録した実績もあり、まだ28歳なので復活を期待した補強なのかもしれません。

 ※追記 



 復活を期待されたジャレッド・デービスはロースターに残れませんでした



 リストには載せていませんが6巡目指名のマルコム・ロドリゲスがキャンプ・プレシーズンで良い動きをしているそうで、開幕先発がきたいされているそうです。



 CB 
2022-28det-09
CB アマニ・オルワリエ

 先発はアマニ・オルワリエ ウィル・ハリスとなりそうです。

 オルワリエは昨年6INTを記録してブレイクしたボールホークCBです。今年も相手のエースWRをマークしターンオーバーを量産してもらいたい。

 ハリスは昨年Sで全試合先発出場をしました。パスカバー能力の高さを活かし今年はCBにコンバートされるようです。パス守備向上に貢献してほしい。

 NBは補強したマイク・ヒューズ 2年目のA.J・パーカーの争いとなりそうです。パーカーの伸び代にはちょっと期待したい。

 2020年ドラフト1巡目3位指名のジェフリー・オクダ 1年目はプロの壁にぶち当たり 2年目は序盤でシーズンエンド 今年は現時点では先発から外れている様子です。このままではバストとなってしまうので、今年こそ挽回したいところです。能力開花の年となることを期待したい。



 S 


 昨年のチーム最多の108タックルを記録したトレイシー・ウォーカーがSS 補強したデション・エリオットがFSというコンビになりそうです。

 ウォーカーのタックル力を活かし、ラン守備のサポート役に徹するためにエリオットを補強という感じだったのでしょう。戦力的には大幅な改善とはなりませんが、チームにフィットする補強かなとは思います。

 3巡目指名のカービー・ジョセフは控えスタートとなるでしょう。



 スケジュールと展望


 スケジュール 

2022スケジュール24det

 バイウィークがWeek6と早いですが、それまでの5戦は結構いい勝負になる相手だと思います。昨年の開幕連敗を払拭するかのような開幕ダッシュで5連勝も十分ありえるでしょう。

 対戦相手もちょっと緩めなスケジュールとなっていますので、今年は結構チャンスはあると思います。終盤の同地区対決までに貯金を作る展開となっていれば、もしかするとはあるチームだと思います。


 展望 

 昨年よりも良い点 
  • WRが充実してターゲットが豊富になった
  • Cラグノウの復帰でOL強化なるか
  • 新人EDGEハッチンソンは守備新人MVP候補
  • CBも若手の成長が期待できそう
 昨年よりも不安な点 
  • TEはホッケンソン以外居ない
  • DL LBが戦力が乏しい、ラン守備は不安なまま
  • Sがもう少し大物がほしかったかも
 ターゲット豊富とOLの怪我人が戻ってくることにより、攻撃はかなり期待感は高いだろう。QBゴフのリズムが良くなって得点力アップは期待できそうです。

 守備も弱点であったEDGEが2位指名のハッチソン加入で良化
することだろう。CBも昨年ドラフトで補強した選手達の成長が楽しみです。ただセンターラインのDL LB Sがもうちょっと戦力を上げたかったところがある。ランは今年も弱点となるかもしれない

 今年のライオンズは結構面白いと思います。まずは昨年の勝負弱さが改善されるか、そこは首脳陣も成長を見せないといけないところでしょう。ダークホースとなるチームだと思いますし、プレーオフ争いにも加われる可能性も十分あるんじゃないかなと思います。


【NFL 選手名鑑2022】8/31発売!