9/11最終更新 WR・OL 追記あり


 過去の戦績と
 昨年のチームスタッツ

 過去5年間の成績 

年度  勝   負  備考
2021 12 5 地区1位
WC敗退
2020 6 10 地区2位
2019 8 8 地区3位
2018 10 6 地区1位
DP敗退
2017 9 7 地区2位

 昨年はQBダク・プレスコットの怪我からの復活により独走状態で地区優勝を果たしました。地区内では一歩抜けた戦力でしたからね。実力を発揮できたシーズンだったかなと思います。

 ただプレーオフでは最後の逆転のドライブでタイムアウトなしなのに、インバウンズになる攻撃でタイムアップとなり、締まらない負け方でシーズンが終わってしまいました

 プレーオフでの失態を払拭できるシーズンにしたい。


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-017dal

 ラン・パス共に好調で見事得点・総獲得ヤードはリーグ1位となりました。文句の付け所はないスタッツと言えるでしょう。今年はWRアマリ・クーパーのトレード移籍 WRセドリック・ウィルソンJr.も移籍となり、主力レシーバーが2人居なくなったのは心配な点ではありますが、まだレシーバーはいるのでそこまで急激に落ちるということはないと思いたい。

 守備は喪失ヤードはそれなりにあったのですが、ターンオーバー1位のお陰で失点は7位とすばらしい成績となりました。昨年はLBマイカ・パーソンズが新人守備MVPを獲得 2年目のCBトレボン・ディグスが11INTでINT王になったりと、若手が軸となり守備がしっかりしました。今年もこの2人には注目です。

 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC マイク・マッカーシー 59
OC ケレン・ムーア 33
DC ダン・クイン 52

2022-29dal-01
HC マイク・マッカーシー

 3年目を迎えるマイク・マッカーシーHC パッカーズでの13年間のHCの経験を生かしたシーズンの戦いは見事でした。


 ただやはりプレーオフでの最後のプレイ あのコールを選んだことでジェリー・ジョーンズオーナーはご立腹だったようです。ただ残留となりましたので、この借りを返すチャンスをもらいましたので今年は気を引き締めなければならないシーズンとなるでyそう。

 OCケレン・ムーア DCダン・クイン 共にに残留となっています。昨年は攻撃も守備も見事な成績を収めました。今年もこの成績を維持し、プレーオフでも力を発揮できるように指揮して行きたい。

 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名 大学名
1 24 G/T タイラー・スミス Tulsa
2 56 EDGE サム・ウィリアムス Ole Miss
3 88 WR ジェイレン・トルバート South Alabama
4 129 TE ジェイク・ファーガソン Wisconsin
5 155 T マット・ワレツコ North Dakota
5 167 CB ダロン・ブランド Fresno State
5 176 LB ダモン・クラーク LSU
5 178 DL ジョン・リッジウェイ Arkansas
6 193 LB デビン・ハーパー Oklahoma State

2022 Draft24
1巡目 G/T タイラー・スミス

 1巡目指名でG/Tタイラー・スミスを獲得 最初はLGの先発として起用を考えているようです。カレッジではTが本職でした。

 2巡目指名でEDGEサム・ウィリアムスを獲得 こちらもEDGEランディ・グレゴリーが移籍となった穴埋めの補強となりました。世代交代も考えたいところなので今後の守備の軸となってくれることにも期待したい。

 詳しくはドラフト記事を御覧ください



 ロースター


 【攻撃編】 

2022-29dal-03
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



2022-29dal-02
QB ダク・プレスコット
 QB 

 一昨年の離脱から見事に復活となった昨年のダク・プレスコット 4449ヤード 37TD レーティング104.2と見事な成績を収め、同地区のライバルを圧倒し3年ぶりの地区優勝にみちびきました。

 しかしプレーオフではプレーコールにミスもあり、逆転のドライブ中にタイムアップで敗戦。残念な終わり方となったシーズンでした。プレーオフであまり良い結果を残せてないこともあり、今年の課題となることでしょう。まずは地区優勝のためにシーズンは昨年レベルのパフォーマンスを見せつけたい。

 控えはクーパー・ラッシュ ウィル・グリアー ベン・ディヌッチの争いです。昨年のように3人体制を取るか、2人体制となるかでロースター争いともなるので、かなり激化することでしょう。



 RB 
2022-29dal-03
RB エゼキール・エリオット



 今年もエースがエゼキール・エリオット 2番手トニー・ポラードのコンビで行くことになるでしょう。

 エリオットは昨年1002ヤード 10TDとエリオットとしては及第点な記録でした。2回リーディングラッシャーに輝いている選手なので、合格点としてはリーグTOP5に入ってもらわないといけない選手です。それでも一昨年から比べると大分復活してきたので今年は更に記録を伸ばすことに期待です。

 ポラードは719ヤードと2番手としては十分すぎるランを披露しました。昨年の序盤戦はエリオットを上回る活躍でした。今年もエリオットを食うくらいの活躍を期待したい。

 この2人が離脱しなければ今年のラン攻撃も期待に応えてくれることだろう。



 WR 
2022-29dal-04
WR シーディー・ラム



 まずはアマリ・クーパーとの契約延長交渉を断念しブラウンズにトレードで放出となりました。昨年は865ヤード 8TDと例年から比べると成績は落ちましたが、ルートランナーでカバーを振り切る能力に長けた信頼度抜群のレシーバーでしたので放出は残念ですね。




 先発はシーディー・ラム マイケル・ギャラップの2人が確定となります。

 ラムは昨年チームトップの1102ヤード 6TDを記録し初のプロボウル選出 エースWRとして君臨したシーズンでした。アクロバティックキャッチが得意なディープスレットタイプのレシーバーです。能力は間違いない選手ですが、相手を煽りすぎるところがあり、カバーしているCBと喧嘩になりやすいところがあります。精神面での成長をお願いしたいところはあります。

 ギャラップ今オフ5年62.5Mで再契約となりました。昨年は序盤戦怪我で9試合の出場にとどまりました。今年は2番手としてシーズン通した活躍をお願いしたい。

 2人ともディープスレットで活躍できる選手です。昨年の得点リーグ1位を維持するためにはこの2人の活躍は必須となります。



 セドリック・ウィルソンJr.はドルフィンズに移籍となり、空いたスロットの枠を補強したジェイムス・ワシントン 3巡目指名のジェイレン・トルバートで争うことになるでしょう。



 ただワシントンはキャンプで足を骨折して序盤戦は欠場となります。トルバートがワシントン不在時に定着を狙えるチャンスですね。ただすでに離脱者が出た状態なので、レシーバーの層の薄さは気になるところです。シーズンに入って離脱者が出ないことを祈りたい。

 ※追記 



 ジェイムス・ワシントンは予定通り怪我人リスト入り マイケル・ギャラップは開幕戦欠場となりました。序盤戦はWRは未知数の選手の中から戦力を絞り出さないといけない状況となりそうです。



 TE 
2022-29dal-05
TE ダルトン・シュルツ



 ダルトン・シュルツは今年フランチャイズ指定を受け1年契約で残留となりました。昨年は808ヤード 8TDと得点源となる活躍を見せたレシービングTEです。今年も高さを生かしたクラッチ力を発揮してほしい選手です。来オフはスッキリした形の契約をしたいですね。

 ジェレミー・スプリンクルはどちらかというとブロッキング型のTEですが、WRが序盤足りないこともあり、出場機会が増える可能性がありそうです。




 OL 
2022-29dal-06
左 LT タイロン・スミス
右 RG ザック・マーティン




 リーグトップクラスを誇るOL陣ですが、昨年の先発のLGコナー・ウィリアムスがドルフィンズ RTラエル・コリンズがベンガルズにそれぞれ移籍となりました。今年はその穴埋めがどうなるかが気になるところです。

 現状ではLGは1巡目指名のタイラー・スミス RTは3年目のテレンス・スティールが有力です。新人のスミスはTが本職のようですが、ルーキーキャンプ時からGの練習をしており、LGで使うことになるようです。

 LTタイロン・スミスは8度目のプロボウル RGザック・マーティンは5度目のオールプロ 7度目のプロボウルに昨年選出されています。



 ただ残念ながらタイロン・スミスは膝の骨折によりシーズンをほぼ休み終盤戦の復帰を目指すこととなります。スミスはいい選手なのですが怪我の離脱が多いのが残念なところです。この穴を復帰するまでに埋められるかが課題となりそうです。

 抜けた選手の数が多いので控えの層は薄いです。これ以上離脱者だけは出さないようにしたい。

 ※追記 



 タイロン・スミスが怪我人リスト入りとなりました。復活ができたとしてもシーズン最終盤となります。スミスの穴埋めとしてジェイソン・ピータースを補強しました。ピータースは今年で40歳を迎えます。さすがに動きは衰えは見せましたが、まだ力はなんとか残している状態ではあります。スミスが戻ってくるまで耐えられるかが今年の課題となりそうです。



 スペシャルチーム 
 Kはまだ決定ではないが、リリム・ハジュルラフが有力のようです。ハジュルラフは2年前まではカナディアンフットボールに所属していた選手らしいです。昨年はカウボーイズ パンサーズで怪我人の穴埋めで出場をしていたそうです。

 争っているブレット・マーハーは昨年セインツに所属しFG88.9%の記録を残しています。マーハーもカナディアンフットボールに所属経験があり、どちらのカナディアンフットボールキッカーが先発となるか気になるところです。

 Pブライアン・アンガーは昨年初のプロボウル選出となりました。キック力 キックコントロール キック滞空時間どれもトップクラスの選手です。攻撃力の高いチームなので目立たない存在かもしれませんが、仕事はきっちりこなす選手です。



 【守備編】 

2022-29dal-04
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



 DL 
 先発はオサ・オディギズワ ネビル・ギャリモアの若手コンビが有力となります。

 オディギズワは1年目12試合先発出場し実績を積みました。ギャリモアは怪我で終盤まで出場できず、今年は開幕から先発出場が期待される3年目です。実績は乏しいですが伸び代はあるコンビなので成長を期待しましょう。

 昨年14試合先発のカーロス・ワトキンスはローテーションメンバーとして出場することになるでしょう。



 EDGE 
2022-29dal-07
EDGE デマーカス・ローレンス



 先発はデマーカス・ローレンス ドランス・アームストロングとなるでしょう。

 ローレンスは昨年序盤で怪我をして終盤まで出られず7試合の出場にとどまりました。ここ数年サック数が伸び悩んでおり、契約がどうなるか心配されましたが、新たに3年40Mで契約 生え抜きパスラッシャーとしてこれまでの実績が考慮された契約となりました。そのチームの期待に応える活躍を見せてほしい。

 アームストロングはローレンス不在時に穴埋めとして5.0サックを記録しました。現時点先発が有力ではありますが、補強した選手 若手の成長もあり盤石の地位ではないので、序盤からインパクトをのこさないといけないでしょう。



 補強したダンテ・ファウラーは最高で2019年に11.5サックを挙げた実績のある選手です。まだ28歳なので力は残しているはずです。先発争いに加わるであろう選手です。

 2年目のチャウンシー・ゴルストン 2巡目指名のサム・ウィリアムスもおり若手勢も勢いも期待したい。



 LB 
2022-29dal-08
LB マイカ・パーソンズ


 昨年守備新人MVPを獲得したマイカ・パーソンズ 13.0サック 20ロスタックル 30QBヒットとILBとは思えない記録を叩き出しました。ブリッツ特化だけではなくしっかりランストッパー パスカバーもこなしながらのこの記録なので驚異の新人となりました。このパフォーマンスを維持できていれば、今年の守備MVP候補にあがるのは間違いありません。リーグの守備の中でも最注目の選手といっていいでしょう。カウボーイズの守備はまず11番を見ることをお勧めします



 レイトン・ヴァンダーエッシュと1年再契約を結びました。昨年は3年ぶりにフル出場をとなりました。新人年にプロボウル選出後は首の怪我に悩まされ5年目オプションも破棄となりましたが、もう一年カウボーイズで過ごすことになりました。新人年のパフォーマンスに戻し、怪我の影響もないことを証明したい。



 プロボウル4回選出経験のあるアンソニー・バーと契約しました。バーも近年は怪我に悩まされている選手です。パスカバー力の高い往年の力を見せつけたいシーズンとなります。

 この3人が主力としてプレイすることになるでしょう。実績十分で期待感のあるユニットとなりそうです。



 CB 
2022-29dal-09
CB トレボン・ディグス
 昨年の2年目のシーズンに11INTと驚異の記録を叩き出したトレボン・ディグス 初のオールプロ プロボウル両方選出となりました。ボールホークとして今年もターンオーバーを量産してほしい。ただ結構狙われているというのも確かで、ディープボールででのマンカバーで引き離されることもしばし見かける。今年はそこの改善が課題となるでしょう。

 コンビを組むのはアンソニー・ブラウン NBにはジョーダン・ルイスと昨年と同じメンバー構成となることでしょう。派手さはあるのですが、パス守備が昨年は20位だったという点も少し考慮しなければならない。派手さを消さずに、もう少しパスカバーの安定感を求めたいところです。



 S 


 昨年チーム最多の101タックルを記録したSSジェイロン・カースと2年10Mで再契約をしました。ガタイのある選手でタックルのサポート力に長けた選手です。今年も安定したタックラーとして期待。

 FSデモンテ・ケイジーはスティーラーズに移籍となり、その抜けたポジションはマリク・フーカー ドノヴァン・ウィルソンの争いとなることでしょう。現有戦力のままで行くことにしましたが、できればもう少し補強してほしかったポジションではあります。



 スケジュールと展望


 スケジュール 

2022スケジュール17dal

 開幕からバッカニアーズ ベンガルズ その後同地区2連戦を挟んでラムズと昨年好成績を収めたチームとの対戦が続きます。なかなか勝利するのは難しい相手ですが、3敗だけはなるべく避けたい。もちろん同地区対戦は2連勝と考えると、この5戦を3勝2敗以上で切り抜けたいところです。

 ここで貯金を作れれば、あとは緩めなスケジュールですので、序盤戦が勝負かもしれませんね。


 展望 

 昨年よりも良い点 
  • 攻撃の主力選手が大体維持できた
  • LB陣は豪華な布陣
  • LBパーソンズの2年目に期待
 昨年よりも不安な点 
  • WRクーパー ウィルソンの移籍でターゲット不足が懸念
  • Gウィリアムス Tコリンズの移籍 Tスミスの離脱の穴を埋められるか
  • キッカーが未知数
  • Sが戦力不足感

 攻撃陣は昨年の主力選手は大体残っており、得点1位の戦力を維持できています。OLのメンバーチャンジの影響が出なければ、今年もリーグトップクラスの得点力を維持できるはずです。ただキッカーは蓋を開けれみなければわからない状態かなと。

 守備は昨年とそこまで変わらない布陣かなと思います。パスラッシュがLBパーソンズ頼りだったところもあるので、EDGE陣の奮闘に期待したい。

 LBパーソンズが昨年クラスの活躍をすればシーズンMVPも狙えるだろう。守備はそこが楽しみです。ただSは戦力不足気味かなと思い不安を残します。

 同地区の中では戦力が抜けている印象です。地区2連覇は濃厚ではありますが、NFC東ってなかなか連覇できない地区で、最後に連覇したのは2001~2004まで4連覇したイーグルスまで遡ります。久々の連覇なるか注目です。


【NFL 選手名鑑2022】8/31発売!