9/11最終更新 RB 追記あり


 過去の戦績と
 昨年のチームスタッツ

 過去5年間の成績 

年度  勝   負  備考
2021 7 10 地区3位
2020 7 9 地区1位
WC敗退
2019 3 13 地区4位
2018 7 9 地区3位
2017 7 9 地区3位

 2020年は地区優勝をしましたが、現在5年連続負け越し中です。2018年に補強したQBアレックス・スミスが選手生命を脅かす怪我で離脱し、その後QBが固まらなかったのが苦しんでいる原因でしょう。A・スミスは2020年に復活できたものの、その年を持って引退。この怪我がなければおそらく勝ち越していたシーズンはあったと思われるので、不運だったとも言えるでしょう。

 今年はQBカーソン・ウエンツをトレードで獲得しました。懸念されているQBの固定ができるか注目です。新チーム名コマンダースとしての初年度となりますので、いい船出となる結果を残したいシーズンです。


 2021チームスタッツ 

2021チームスタッツ-019was

 昨年はQBテイラー・ハイニキが先発を務めましたが、苦しい結果となりました。特に決定力不足だったのが苦しんだ原因と言えるでしょう。OLのプロテクションもイマイチな出来でした。

 一人気を吐いたのはRBアントニオ・ギプソンで1037ランヤードでチームのランを牽引しました。今年はQBカーソン・ウエンツの加入でパスも改善されてバランスのよい攻撃ができることに期待したい。

 守備は自慢のパスラッシュ プレッシャーがちょっと不発だったかなぁと思うシーズンでした。EDGEチェイス・ヤングが後半戦シーズンエンドとなったのが厳しかったですね。今年は怪我人が出ないことを願いたい。ラン守備は良かったようですが、パス守備が悪かったこともありあまりすごいという印象は薄かったかなと。

 コーチ陣


コーチ名 年齢
HC ロン・リベラ 60
OC スコット・ターナー 40
DC ジャック・デルリオ 59

2022-31was-01
HC ロン・リベラ

 3年目を迎えるロン・リベラHC パンサーズ時代9年間でスーパーボウル進出1回 プレーオフ3回 76勝63敗の実績を保つ守備畑のコーチですが、コマンダースに来てからは今のところ苦戦中という感じです。初年度一応地区優勝とはなりましたが負け越し優勝ですしね。チームもオーナーが人種差別問題を起こしたりとゴタゴタがありますが、新チーム名となって初年度なので結果を残したいですね。

 OCスコット・ターナー DCジャック・デルリオ は昨年と同じ陣容となります。今年はQBカーソン・ウエンツを迎えることもあり、攻撃の改善が求められます。ターナーOCの手腕でどうなるかは注目となるでしょう。



 DCデルリオはオフにSNSでの発言で物議を醸し出しました。内容としてはなんとも言えないところはありますが、難しい問題に口を出しすぎたところはあったのでしょう。首脳陣内で仲間割れはしないように気をつけてほしいですね。


 ドラフト加入選手


順位 ポジション 選手名 大学名
1 16 WR ジャハン・ドットソン Penn State
2 47 DL フィデリアン・マシス Alabama
3 98 RB ブライアン・ロビンソンJr. Alabama
4 113 S パーシー・バトラー Louisiana
5 144 QB サム・ハウエル North Carolina
5 149 TE コール・ターナー Nevada
7 230 G クリス・ポール Tulsa
7 240 CB クリスチャン・ホームズ Oklahoma State

2022 Draft16
1巡目 WR ジャハン・ドットソン

 1巡目指名でWRジャハン・ドットソンを獲得 長年WRテリー・マクローリンのコンビを組むレシーバーが固まらなかったこともあり、2番手レシーバーとして確定することに期待したい。

 2巡目指名でDLフィデリアン・マシスを獲得 昨年あまりよくなかった1列目の改善に一人先発候補を増やした形となりました。

 詳しくはドラフト記事を御覧ください



 ロースター


 【攻撃編】 

2022-31was-03
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



2022-31was-02
QB カーソン・ウエンツ
 QB 


 今年は先発QBとしてトレードでコルツからカーソン・ウエンツを獲得しました。長年固定できないQB問題を解決する人材となれるか注目です。

 ウエンツは2年連続でトレードとなり、2年ぶりにNFC東に戻ってきました。昨年は最終戦に勝てばプレーオフの一戦で惨敗 その影響で1年でトレードという形になった悔しいシーズンでした。ここ数年で評価がかなり下がった印象があるので、キャリアとしてはここが踏ん張り時です。コマンダースと共に復活を果たしたい。

 バックアップはテイラー・ハイニキが務めます。昨年は先発で7勝 バッカニアーズを破るなどアップセットがありましたが、15INTを食らうなどもあり安定はしなかったシーズンでした。バックアップからウエンツを支える役としてがんばってほしい。

 昨年開幕先発QBで怪我をしシーズンエンドとなったライアン・フィッツパトリックは引退となりました。AMAZONでアナリストとなるそうです。頭脳明晰なので面白い視点からのリポートなどに期待したい。



 RB 
2022-31was-03
RB アントニオ・ギプソン

 先発はアントニオ・ギプソンとなります。昨年1037ヤード 7TDを記録しラン攻撃を牽引しました。パワー スピード レシーブなんでもでき総合力の高いRBです。特にREDZONEで強さを見せてくれます。今年も信頼度の高いランをみせてほしい。

 2番手はJ.D・マキシック 3巡目指名のブライアン・ロビンソンJr.が争うことになります。新人のロビンソンは当たり負けしない突進力に長けたタイプなのでちょっと注目したい。

 ※追記 



 3巡目指名のブライアン・ロビンソンJr.は事件に巻き込まれ足に銃弾をうけてしまい、NFIリスト入りとなりました。先発の可能性もあっただけに残念な離脱となりました。軽症らしく中盤戦からの復帰が期待されます。




2022-31was-04
WR テリー・マクローリン
 WR 


 エースWRテリー・マクローリンと3年69.6Mで契約延長となりました。QBが定まらない中キャリア3年で3090ヤード 2年連続1000ヤード超えを記録 スピードで振り切るディープスレットタイプのレシーバーです。カバーを振り切る能力はトップクラスですので、QBウエンツとホットライン形成で更に記録を伸ばしてほしい選手です。プロボウル候補というかまだプロボウルに選ばれてないというのが不遇な感じがします。

 1巡目指名のジャハン・ドットソンがコンビとなるのが有力なようです。スピードに長けているレシーバーでランアフターキャッチが得意のレシーバーみたいです。タイリーク・ヒルみたいなタイプと言えるでしょう。

 スロットにはカーティス・サミュエルが入るようです。昨年補強しましたが怪我で5試合の出場にとどまり結果が残せませんでした。今年は復活にかけるシーズンとなります。



 TE 
 先発のローガン・トーマスはクラッチ力の高いレシービングTEです。昨年は怪我で6試合の出場にとどまり残念なシーズンとなりました。今年はQBウエンツのフェイバリットターゲットとなってくれることに期待したい。

 トーマス以外はドラフト下位・外の若手が中心となっています。2番手としてだれが生き残るか競争となります。戦力となる選手が出てくることを願いたい。



 昨年までOLの中心人物だったブランドン・シャーフはジャガーズに移籍となってしまいました。オールプロ1回 プロボウル5回選出のシャーフが居ないと勝率1割くらいになるという数字も残っており、移籍によってチームがどう変化するのは気になるところです。

 OL 


 シャーフの穴埋めとしてアンドリュー・ノーウェル トレイ・ターナーを補強しました。この入れ替わりがどうなるかは気になるところです。

 LTチャールズ・レノと3年35Mで契約延長となりました。6年間全試合先発出場しているLTとしては割安な契約でありがたいですね。

 メンバー的にはそれなりに揃っている印象ですので、QBと連携がとれるプロテクションを披露してほしい。



 スペシャルチーム 
2022-31was-05
P トレス・ウェイ

 Kジョーイ・スライは昨年3チームを渡り歩きFG成功率92.0%を記録しました。怪我人の穴埋めとして成績を残したシーズンでした。今年はコマンダースで定着を狙います。

 Pトレス・ウェイはキック力 コントロール共に安定したパンターでプロボウル1回選出経験があります。攻撃が苦戦していたこともあり目立った活躍を見せることが多いです。チームとしてはあまり目立たないことが望まれますがね。



 【守備編】 

2022-31was-04
   放出・離脱選手  左の番号:背番号
   補強選手     新人選手(120位まで)
SS~D:個別選手評価(OLはなし 太字は過去3年のプロボウル選出選手)
S:プロボウル級 A:エース級
B:レギュラー級 C:バックアップ級
D:未知数 R:新人
年齢は年内に到達する年齢です



 DL 
2022-31was-06
左 DL ジョナサン・アレン
右 DL ダロン・ペイン


 先発のジョナサン・アレン ダロン・ペインはカレッジ時代からのチームメイト アラバマ大出身です。アレンは昨年9.0サックを記録し初のプロボウルに選出されました。中央からの瞬発力で抜け出るタイプの選手です。ペインは巨体を生かしたパワープッシュタイプで4.5サックを記録しました。今年もこの2人で中央からのプレッシャーとランストップを期待したい。
 ちょっと昨年ベンチで殴り合いの喧嘩をしていたのが気になりますが、熟知した仲だからこその喧嘩だったのかなと思いたい。

 昨年までのローテーションメンバーだったマット・アイオアナイディスはパンサーズに移籍となりました。今年は2巡目指名のフィデリアン・マシスがローテーションメンバーとしてプレイすることになるでしょう。



 EDGE 
2022-31was-07
EDGE チェイス・ヤング


 チェイス・ヤングは中盤戦でACL断裂でシーズンエンドとなりました。1.5サックでシーズンを終え寂しい結果となってしまいまいした。2020年シーズンの新人守備MVPとして復活を期すシーズンとなります。ただ開幕戦は間に合わずPUPリストスタートとなりました。早くてもWeek5からの出場となります。

 コンビを組むモンテス・スウェットは昨年は怪我に泣き10試合の出場にとどまっています。この2人の怪我で昨年はあまりパスラッシュが上手くいきませんでした。2人とも復活して強力なコマンダースのパスラッシュが復活することを願いたい。

 控えにはエフォ・オバダ以外実績のある選手はおらず、離脱したらかなり戦力ダウンすることになるので、怪我だけは避けてほしい。



 LB 
 コール・ホルコム ジャミン・デービス 昨年と同じメンバーとなることでしょう。

 ホルコムはチーム最多の142タックルを記録 デービスは76タックルと新人としてはまずまずの成績でした。ラン守備が8位でしたし、若手なのでまだまだ伸び代があれば更に記録を伸ばせる可能性も秘めています。

 昨年怪我で離脱したジョン・ボスティックはセインツに移籍となりました。怪我の間に世代交代の波に飲まれた形となりました。



 CB 
2022-31was-08
CB ケンドール・フラー

 先発はケンドール・フラー ウィリアム・ジャクソン と昨年と同じメンバーとなりました。ただチームのパス守備は29位と昨年は低迷したこともあり、リベンジしなければならない。

 フラーはパスディフェンス16回記録とカバー力のあるところは発揮できたと思います。ジャクソンが昨年あまりいいパフォーマンスとはいえなかったので、今年はがんばってもらわないといけないだろう。

 スロットには2年目のベンジャミン・セイント-ジュースが務めることになります。補強なしでいいのかなという不安はあるユニットです。



 S 


 SSランドン・コリンズは、個人成績としてはまずまずなのかなと思いましたが、チームの成績には反映されず高額サラリーだったため解雇となりました。現在未所属となっています。

 今年の先発はSSカムレン・カール FSボビー・マッケインのコンビとなります。戦力的に昨年とそこまで変わらない感じかなと。マッケインがチーム最多の4INTを記録しているのでターンオーバーが量産できればいいんですがね。 



 スケジュールと展望


 スケジュール 

2022スケジュール19was

 全チームで一番緩いスケジュールとなりました。これを活かせるかはQBウエンツ次第かもしれません。ジャガーズ ライオンズ戦で連勝し勢いに乗って同地区イーグルス カウボーイズにぶつかりたいところです。

 昨年も7勝できたことを考えると、意外といい線にいけるかもしれませんね。同地区のカウボーイズ イーグルスをたたければもしかするとはあるかもしれない。


 展望 

 昨年よりも良い点 
  • QBウエンツの復活に期待
  • WRの補強で層は厚くなった
  • EDGE勢の怪我からの復帰で強力パスラッシュ復活に期待
  • LB勢の成長は楽しみ
 昨年よりも不安な点 
  • TEの層が薄い
  • Gシャーフ移籍の穴埋めができるか
  • DB陣が昨年と変わらないメンバーで問題ないのか
 今年はQBウエンツの出来にかかっているシーズンです。ウエンツ自身も今年結果を残さなければ、今後のキャリアが危うくなりつつあります。ウエンツのためにWRはある程度揃えた感じがああり、連携がうまくとれるかが重要となるでしょう。OLはGシャーフの移籍が痛いところです。Gは補強しましたがシャーフの代わりになるかはなんとも言えない。

 守備はフロント7は楽しみなのですが、昨年あまり良くなかったパス守備の割にDBの補強が進まなかったのが気になることろです。パスラッシュ復活でパス守備も良くなることもあるので、まずはパスラッシュでなんとかしたいでしょう。

 スケジュール的には勝ち星を拾えそうなところはありますが、補強面では物足りなさを正直感じます。かなり良い方に噛み合えばプレーオフは狙えるかもしれません。ただ戦力的には地区3番手という感じでしょう。


【NFL 選手名鑑2022】8/31発売!