画像


1Q 2Q 3Q 4Q 計
ブラウンズ 0 10 3 7 20
ファルコンズ 10 0 0 13 23

 知らんRBに走られまくって負け。

 最初のドライブかなり調子良かったんだけどエンドゾーン手前で止まり、出たよギャンブル狂4th3を失敗して0点で始まる昨年よく見た光景。
 次のドライブはTEデイビット・ヌジョークのファンブルロスト ギャンブル失敗から始まると最初こんな感じで2ポゼ差になるのってほんと良く見てる気がする。だから最初は3点でいいと思うんだよなぁ。でもギャンブル狂はステファンスキーHCである限り変わらないだろうなぁ。

 それでも前半の攻撃は悪くなく同点で折り返す。

 後半お互い膠着状態でファルコンズはRBコーダレル・パターソンが離脱、とこちらが有利な展開になると思われましたが、パターソンの代わりに出てきた知らないRB陣が躍動 
 RBカレブ・ハントリーとかいう選手にランだけでドライブを成立されてTDで逆転を食らう。まじでこのドライブのラン守備の崩壊っぷりはなんだったんだろうか。。。
 ニック・チャブの逆転TDは流石でしたが
同点に追いつかれた後、でたよいつものワイドオープン祭り。今日はCBデンゼル・ウォードがINTを記録して後半パス守備は良かったのに最後集中切れるのは変わらないのね。4Qでこれが出るのはほんとなんとかしてくれよ。この攻撃が繋がりFGで勝ち越される。
 最後敗戦の決め手となったのはDLグレーディ・ジャレットのサックでしたね。そこから投げざるを得なくなりINTで終了。雑な試合だったなぁと。

 前半のテンポの良い攻撃ならもっと得点を取ってないと行けないし、途中からやられすぎた知らないRB陣を止められなかったのが行けなかった。最終的にランを202ヤード出されて負けた。ファルコンズのRBタイラー・アルガイアー RBカレブハントリーとかいうRBは何者なの??あと反則が多かった。反省点が多すぎる負けでしたね。前半最後にRBチャブのファンブルロスト見逃してもらっての負けなので完敗ですね。