今年も新人契約(4年間)が終わった2019年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【評価点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【評価点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTEの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点で他チームに所属
   :2022年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒŸãƒã‚½ã‚¿ãƒ»ãƒã‚¤ã‚­ãƒ³ã‚°ã‚¹

2019ドラフト再評価21-min

【評価点】90-【指名点】39= 51点【10位】

2019ドラフト再評価21-min01
 1巡目 18位 C ギャレット・ブラッドベリー

 全12指名で下位指名である程度戦力になった選手がいたこともあり、ドラフト点としては点数が伸びたドラフトでした。ちょっといぶし銀タイプが多いドラフトだったかもしれません。

 1巡目Cギャレット・ブラッドベリーは、4年間先発CとしてバイキングスのOL立て直しに貢献したCです。5年目オプションは破棄しましたが、3年15.7Mで再契約となっています。

 2巡目TEアーバ・スミスJr.は、怪我などもあり実力が発揮出来なかった選手でした。今年はベンガルズと契約しています。

 3巡目RBアレクサンダー・マティソンは、2番手RBとしてラン・レシーブ共に堅実な選手で重宝された選手で、2年7Mで残留となりました。

 6巡目DLアーモン・ワッツは、3年目に5.0サックを記録しましたが、昨年はロースターカットとなりベアーズに所属 今年はスティーラーズと契約しています。

 6巡目Sマーカス・エップスは、初年度シーズン途中で解雇され、イーグルスがウェーバーで拾い上げました。昨年はFSで全試合先発出場 イーグルスのスーパーボウル進出に貢献する大活躍を見せました。今年はレイダースと2年12Mで契約しています。

 ちょっとSエップスの解雇はもったいなかったドラフトでしたね。


 ãƒ‡ãƒˆãƒ­ã‚¤ãƒˆãƒ»ãƒ©ã‚¤ã‚ªãƒ³ã‚º

2019ドラフト再評価22-det

【評価点】75+【加点】2-【指名点】39= 38点【17位】

2019ドラフト再評価22-det01
 1巡目 8位 TE T.J・ホッケンソン

 全9指名であまりマイナスを叩く選手がおらず、まずまずの点数となりました。この指標では点数が伸びにくいポジションの活躍選手が多かったのかなという印象のドラフトでした。

 1巡目TE T.J・ホッケンソンは、1年目からレシービングTEとしてリーグを代表するTEとして活躍、プロボウルには2回選出されています(加点2)昨年シーズン途中にライバルチームのバイキングスにトレード移籍したのは本当に驚きのニュースでした。今年は5年目オプションでバイキングスに残留となっています。

 2巡目LBジャーラニ・タバイは、結果を出せず2年目終了で解雇 その後はペイトリオッツと契約 昨年2年4.4Mで契約延長をしています。LBは点数が出やすい指標だなと感じる選手です。

 3巡目Sウィル・ハリスは、DBならどこでもできるという器用さで重宝された選手です。本職はFS 今年は1年契約で残留となりました。

 5巡目CBアマニ・オルワリエは、3年目に6INT 11パスディフェンスと素晴らしい記録を残し覚醒と思わせましたが、昨年は一転不調に陥り残念な結果となりました。今年はジャイアンツと契約となりました。


参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE