今年も新人契約(4年間)が終わった2019年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【評価点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【評価点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTEの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点で他チームに所属
   :2022年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ãƒ™ã‚¤ãƒ»ãƒ‘ッカーズ

2019ドラフト再評価23-gb

【評価点】78+【加点】2-【指名点】42= 38点【17位】

2019ドラフト再評価23-gb01
 2巡目 44位 C エルトン・ジェンキンス

 上位指名でチームの主力をしっかり指名できた割に、ドラフト点は伸びなかったなぁという印象です。いいドラフトだったと思います。

 1巡目EDGEラシャン・ゲイリーは、2年目までは苦戦したシーズンでしたが、3年目にOLBとなってから9.5サックとブレイクしました。チームの主力パスラッシャーとして活躍しています。昨年はシーズン途中でACL断裂となり、復活にかけるシーズンとなります。今年は5年目オプションで残留となっています。

 1巡目Sダーネル・サページJr.は、4年間先発FSとして活躍 安定したパスカバー力を見せる選手です。こちらも5年目オプションで残留となっています。この2選手を来オフ残せるかが気になるところですね。

 2巡目Gエルトン・ジェンキンスは、プロボウル2回選出(加点2)のリーグを代表するLGです。というかOLならCでもTでもなんでもこなせます。怪我人が出たところを埋めてくれるので重宝される選手ですね。昨年4年68Mの大型延長契約を結んで残留しています。

 3巡目TEジェイス・スターンバーガーは、プロの壁に阻まれ結果を残せず、現在はUSFLのリーグに所属しているそうです。

 ドラフト外Tヨシュア・二ジマンは、控えが多かったのですが、昨シーズンは先発RTとして12試合出場し、今年はRFAで契約更新となりました。

 下位指名は当たりは出ず、来オフは5年目オプション残留の2人がどうなるかが気になるところですね。


 ã‚·ã‚«ã‚´ãƒ»ãƒ™ã‚¢ãƒ¼ã‚º

2019ドラフト再評価24-chi


【評価点】35-【指名点】13= 22点【28位】

2019ドラフト再評価24-chi01
 3巡目 73位 RB デビッド・モンゴメリー

 1・2巡目がなく、全5指名だったこともあり、ドラフト点としては伸びませんでした。ただ大当たりが1人引けたのは大きかったですね。残留させられたら更に最高だったのですが・・

 3巡目RBデビッド・モンゴメリーは、1年目から先発RBとして活躍しました。確実に前進できるランでTDを量産でき、チームの攻撃の主軸となった選手です。今年はライバルのライオンズと3年18Mで契約。敵となるのは残念ですね。

 ドラフト外Cサム・ムスティバーは、2年目から先発Cとして出場。出場試合が多かったから評価点は伸びましたが、パフォーマンスとしてはなんともいえず、現在未契約状態となっています。

 ドラフト外Gアレックス・バーズは、3年目までは控えGで昨年解雇 その後レイダースと契約し先発RGとして14試合出場し覚醒した年となりました。今年もレイダースに残留しています。


参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE