ニュース記事集めるっきりでまとめてなかったのでがんばってまとめます。
 この記事は怪我人だけまとめます。


 シーズンエンドの選手のまとめ

 AFC編 



 やはり一番最初に語るべきは、今年新天地に行ったシーズンMVP4回獲得のQBアーロン・ロジャースがたった4スナップでアキレス腱断裂でシーズン終了となったことでしょう。本当に残念な事故でした。

 最近のアキレス腱からの復活は現在バイキングスに所属したRBキャム・エイカーズが断裂から6ヶ月で復帰したという事例もあり、更なる医療技術の発達により、もしかすると今シーズンプレシーズンでプレイ可能という可能性もないとは言えませんが、まず今シーズンの復帰は99%絶望でしょう。



 トレードの対価として出場スナップ数の関係も含まれており、出場機会がまずなくなったことで、パッカーズはジェッツの1巡目ではなく2巡目を受け取ることとなりました。

 アーロン・ロジャースの代わりは昨年まで先発をしていた4年目QBザック・ウィルソンとなります。初戦はビルズにOTで見事勝利をしましたが、その後は3連敗。ただ昨年から比べるとまだ可能性を少しだけは感じるプレイも見せているので希望を持ちましょう。



 
 そして我がブラウンズの攻撃の軸RBニック・チャブがスティーラーズ戦でPCL・MCL・LCLの3つの膝の靭帯を断裂しシーズンエンド。本当に悲しい事故となりました。



 この事故のヒットをしたスティーラーズSミンカ・フィッツパトリックは弁明を述べています。そして素晴らしいコメントだと思います。その通りです、彼も一生懸命プレイしたことで起こってしまった事故です。決してわざとやったわけではありません。

 ニック・チャブというスタープレイヤーを止めるべく全身全霊を込めたタックルでないと跳ね返されるかもしれないので、全力でプレイするのは当たり前です。悲しいですがこれがアメリカンフットボールというスポーツです。彼は決して悪くありません。未来で全身を守ってくれて全力で当たっても怪我をしないようなプロテクターが開発されることを祈るのみです。死んだあとでもできるといいですね。

 そしてニック・チャブですが、診断結果的には来年の終盤に復帰できればという感じらしいです。ほんと選手生命を脅かす怪我だと思うので、無理せず精神を保って復帰を臨んでいます。待ってるよチャブ!!!!!ブラウンズのクソオーナーはチャブと5年全額保証で再契約しなさい!クソなことしてるんだから、このくらいクソバカな契約できるだろ!!!!



 ブラウンズはRTのジャック・コンクリンもACL断裂で離脱となりました。ただ代わりを努めている新人のTダワンド・ジョーンズが好調で、今のところ穴埋めできています。ここは少し良かった面ですが、来年コンクリンの復帰を願っております。





 ビルズはCBトレデビオス・ホワイトがアキレス腱断裂 Week5のジャガーズ戦でLBマット・ミラノが足の骨折・膝の負傷で今季絶望視となりました。守備の主力二人の離脱はかなり痛い。特にミラノの存在がいなくなるとLBが足りないということになる印象が強いですね。LBの仕事一人で全部やってたくらいの印象の選手ですしね。ロンドンゲームのジャガーズ戦にも破れ、ちょっと不安になってきましたね。



 レイブンズはRB J.K.ドビンズがアキレス腱断裂でシーズンエンドとなりました。ドビンズも怪我が多い選手ですねぇ。ただRBガス・エドワース ジャスティス・ヒルでなんとか穴を埋めきれています。もうちょっと穴明けてほしいなぁ。いや怪我願ってるわけじゃないですよ。強いんですよほんと。もうちょっと弱めてくんない?ブラウンズのために




 チャージャーズのWRマイク・ウィリアムスがACL断裂でシーズンエンドとなりました。WRキーナン・アレンとのダブルエースWRの一角を失うのは痛いですね。クラッチ力の高いレシーバーなので、その代わりを務める選手がいるかがこれからの課題となりそうです。



 ペイトリオッツ9月の新人守備MVPを獲得したCBクリスチャン・ゴンザレスが関節唇の断裂でシーズンエンドとなってしまいました。DBの軸となっており、今年の新人守備MVP候補だっただけに残念な離脱となります。ペイトリオッツはその穴埋めに2年前にFAで出ていったCB C.J・ジャクソンをチャージャーズとのトレードで取り戻しました。チャージャーズではまったくフィットしなかったので、古巣に戻り力を取り戻せるか注目です。

 NFC編 




 バッカニアーズは開幕前にCライアン・ジェンセンが膝の怪我でシーズンエンドとなりました。その会見をちょっと見たのですが、昨年からこの膝の怪我の治療を行っているがなかなか治す手段がみつからなくて厳しい状態のようです。涙ながらそれをこらえて話している姿はほんと心に響きました。なんとか治してくれる主治医が見つかり復活できることを願っております。



 カウボーイズのエースCBトレボン・ディグスが練習中にACL断裂でシーズンエンドとなりました。試合以外での怪我というのが残念ですね。ボールホークを失いターンオーバーが減る可能性と、相手のエースWR封じがいなくなったのはかなりの痛手となります。大きい穴をなんとか少しでも埋めきらないといけませんね。



 パッカーズLTデビット・バクティアリが膝の負傷でシーズンエンドとなりました。正直この数年怪我続きでなかなか出場できていません。今年32歳。再起の年とならなかったのは残念です。なんとか復活してほしい選手ですが、ちょっと年齢も厳しいところにさしかかってきています。どうなるのか。。。

 復帰可能リスト入り選手のまとめ

 AFC編 





 スティーラーズはDLケイシー・ヘイワード WRデオンテ・ジョンソンの攻守の主力が離脱となりました。こちらは復帰の可能性はありますが、ヘイワードは2ヶ月かかりそうなので、スティールカーテンはEDGE T.J・ワット頼りとなりそう。レシーバーもWRジョージ・ピッケンズ以外になかなか通ってなく厳しい。

 と言いながらさ、勝ち越してるのはなんなのこのチーム。暗黒になれよマジで。




 今年移籍してきたブロンコスEDGEフランク・クラークが腰の怪我で離脱。ブロンコスの守備が今崩壊中ということもありクラークをトレードに出すという噂もあります。どうなるんでしょうね?


 NFC編 



 カーディナルスQBカイラー・マレーはPUPリスト入りとなり、開幕から欠場中です。緊急でQBジョシュア・ドブスを獲得し先発させています。緊急の割にはよくやっているとは思いますが、チーム状態は厳しいですね。マレーの復活が待たれます。



 今年セインツに加入したRBジャマール・ウィリアムスが離脱 今年日本でサイン会などで賑やかした選手なので、復活して活躍してほしいですね。RBアルヴィン・カマラも出場停止が解けたのでダブルエースRB体制となって欲しいところです。



 こちらも今年補強したライオンズのS C.J・ガードナー-ジョンソンが胸筋断裂で離脱 どうやら、シーズン終盤まで復帰は難しそうです。ただ今年のライオンズは好調でプレーオフの可能性が高いので、プレーオフでの復活で活躍を期待したいですね。

 欠場の選手のまとめ



 ブラウンズはWeek4レイブンズ戦でQBデショーン・ワトソンが肩の負傷で欠場。プレシーズンで絶好調だった新人QBドリアン・トンプソン-ロビンソンが先発となり、活躍を期待しましたが、見事にプロの壁に轟沈。モヤモヤしていた幻想が崩れ、もうワトソンに託すしかないとわかりました。これからしっかりワトソンを応援します。もちろんバッカニアーズのQBベイカー・メイフィールドも。色々気持ちが吹っ切れた敗戦でしたね。思い残すのは何もなくなった!

 でもレイブンズに負けたのは痛かったなぁ・・・・




 レイダースはWeek4QBジミー・ガロポロが脳震盪で欠場 4巡目新人のQBエイダン・オコンネルが先発となりました。チャージャーズに惜敗となりましたが、思いの外いいパフォーマンスだったなぁという印象でした。ただWeek5はガロポロが復帰します。





 コルツの1巡目QBアンソニー・リチャードソンはWeek4を脳震盪で欠場 Week5は復帰したものの右肩の負傷で離脱と、ちょっと怪我が多いですね。モバイル寄りのQBなので仕方がないところもありますが、ちょっと今年は無理させないほうがいいんじゃないかなぁ。2番手のQBガードナー・ミンシューも調子いいですし、1年ベンチで勉強しながら、怪我しない体つくりに務めるのも悪くないとは思うんですがね。

 復帰してきた選手まとめ



 ラムズWRクーパー・カップはWeek5のイーグルス戦で復帰 試合は負けましたが、復帰早々8レシーブ118ヤードを記録し、順調なスタートを切りました。これからブレーク中の新人WRプカ・ナクアとのダブルホットラインが大注目です。



 ビルズEDGEBボン・ミラーはWeek5のジャガーズ戦で復帰 ただまだ試運転状態で参加スナップは20回と少なめでした。怪我人が多くなっているビルズにとって今後救世主となって欲しい選手ですね。

 でられるかもしれないQBの怪我のまとめ



 チャージャーズQBジャスティン・ハーバートは左指を骨折。指を固定しながらプレイしています。おそらくボールセキュリティには問題はあるはずなので、ボールをこぼさないようにプレイするのは結構難易度が高いことをやってるなという印象です。これ以上悪化しないといいのですが。。。



 スティーラーズQBケニー・ピケットはWeek4のテキサンズ戦で骨挫傷となり試合を途中離脱しましたが、Week5は出場し勝利しています。ただ攻撃はまだなかなか厳しい状況ですね。厳しいといいながら勝ち越しているのはほんとなんなのこのチーム。