現時点の戦力と足りないポジションの穴の分析が主です。
 今年のモックはカレッジに精通されている「しゅうまい12」様(https://shumai12sea.hatenablog.com/)にお願い致しました。私もそれにちょっとコメントを付けようと思います。

 順位順に2チームづつ書いていきます。


 1位 ベアーズ


 指名順 

順位
1 1
1 9
3 75
4 122

 昨年の1位指名をパンサーズに売ったことで今年の1位指名を譲り受けたベアーズ。ただ下位指名が少なく、全部で4指名しかありません。指名権を増やすのならば、トレードダウンも考えたいところかもしれませんね。

 現時点の主なロースター 

2024 preDraft-01chi-01

   
今オフ加入選手

 豊富なキャップのおかげもあり、RBデアンドレ・スイフト WRキーナン・アレン TEジェラルド・エバレット Sケビン・バイヤードの補強 CBジェイロン・ジョーンズの再契約など行え、戦力は整った印象です。ただOLはもうちょっとなんとかしたいところかもしれません。

 放出選手 

2024 preDraft-01chi-02
 QBジャスティン・フィールズは対価は安くなったものの、スティーラーズにトレードできました。これで1位指名でQBを受け入れる体制はできたと思われます。ベアーズ一筋のSエディー・ジャクソンが未契約なのが寂しいところですかね。


 2023チームスタッツ 

2023Stats-24chi
 一応7勝してますし、スタッツ的にも攻守ともに平均より下という感じ。やはり守備のベアーズという感じなので、もう少し守備を立て直してほしいところですが、今年はとにかくQBを受け入れることを重視したいところでしょうか。


 ニーズのポジション 

上位 QB IOL OT IDL
下位 RB WR TE

 もちろん1位指名はQBとなることでしょう。9位指名でどう動くかですね。トレードダウンして指名権を増やす可能性も十分ありかもしれません。OLとDLをしっかり補強するなら上位指名したいですしね。

 層を厚くするならトレードダウンしまくる形になりそうだが、そこはGMの手腕次第となりそうですね。


 しゅうまい12様のモックドラフト 


【1位】QB ケイレブ・ウィリアムス (Caleb Williams)
 (南カルフォルニア大学)  



 彼は、マホームズのような強肩や優れた身体能力を持っていて、さまざまな体勢から、正確なパスを投げることができます。
 2022年シーズンには、C.J.・ストラウド(現テキサンズ)を破って、ハイズマン賞を受賞しています。しかし、敗戦後に母親の元で号泣するなど、メンタル面に不安を抱えている他、強豪相手には良い結果を残せていないなどのプレイ面での不安要素も多く持っています。



 ここはこれしかないという指名ですね。私でも名前は知っている選手です。結構動けるタイプなんですね。勝負弱い面があるというコメントっぽいですが、それがどうなるかですね。


 2位 コマンダース


 指名順 

順位
1 2
2 36
2 40
3 67
3 78
3 100
5 139
5 152
7 222

 2位指名に加え 2巡目が2つ 3巡目が3つと2日目までで6指名ができる状態にあります。今年のドラフトは今後のチームの軸となる選手をたくさん手に入れるチャンスです。とにかく再生するチャンスの年となりそうですね。


 現時点の主なロースター 

2024 preDraft-02was-01
   今オフ加入選手

 こちらもQB指名が有力視されていますが、昨年だめだった守備が中心なFA補強だったかなと思います。OLもまずますの入れ替えも行った印象ですね。RBオースティン・エケラーを補強できたのは攻撃的には良かったところですね。新HCダン・クインが守備畑ということもあるのかもしれませんね。ただ攻撃もある程度タレントはいるという状態ですが、上位指名は攻撃になりそうですかね。


 放出選手 

2024 preDraft-02was-02
 昨年の先発QBサム・ハウエルはシーホークスにトレード移籍となりました。昨シーズンの先発の経験を活かして頑張ってほしいところですね。


 2023チームスタッツ 

2023Stats-20was
 守備がひどい状態だったというか、シーズン途中でEDGEチェイス・ヤング モンテス・スウェットをトレード放出するなど、完全に再建モードに入ってましたからね。なので指名権が豊富になって楽しみになったとも言えますが。とにかく守備はFAで補強した選手がうまくフィットすることを願うばかりです。

 ニーズのポジション 

上位 QB WR TE OT CB S
下位 EDGE

 上位指名をどう使うかきになるところですが、上記のように穴はそれなりにある状況かなぁと。2位指名はQBが確実ですが、2巡目以降をどこ重視にするか、まずはTは確保してほしいところだろう。あとはTEもかなぁと。他のポジションは若手の成長も期待したいところもあるからなぁ。という感じですかね。なのでまずは3つ先発をできる選手を取ることが大事ですね。



 しゅうまい12様のモックドラフト 


【2位】 QB ジェイデン・ダニエルズ (Jayden Daniels) 
 (ルイジアナ州立大学)



 昨シーズンのハイズマン賞受賞者です。持ち前の足の速さを活かしたスクランブルが魅力で、昨シーズンにはFBS史上初の1試合パス350ヤード、ラン200ヤードという驚異的な記録を成し遂げました。
 スクランブルをする際の状況判断が少し劣っていると感じましたが、それを気にさせないほどのラン能力を持っています。また、パス能力も高く、特にディープパスの正確性が非常に高いです。




 足もあってバカ肩。ちょっとフィールズとかぶる面はありますが、上位互換であることを祈りたいですね。しかし350ヤードパス 200ヤードランはすごいなぁ。一人でなんとかしちゃうタイプなのは相手としては厄介でしょうね。


 ここまでのモック


順位 チーム ポジション 選手 大学
1 ベアーズ QB ケイレブ・ウィリアムス 南カルフォルニア大学
2 コマンダース QB ジェイデン・ダニエルズ ルイジアナ州立大学


・ドラフト名鑑は4/11発売!