今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒœãƒ«ãƒãƒ¢ã‚¢ãƒ»ãƒ¬ã‚¤ãƒ–ンズ

2020Draftafter-05bal

2020Draftafter-05bal01
 1巡目 LB パトリック・クイーン

【AV点】175点 (4位)
【プロボウル加点】7
【指名点】45点(7位)

【ドラフト評価点】138点 (1位)

 QB指名なくてこのドラフト評価点てどういうこと??? ずるい、卑怯。ほんと色々苦しめられた選手ばかりですわほんと。

 1巡目LBパトリック・クイーンは昨年プロボウルに選ばれましたが、1年目からねブラウンズ戦だけはめちゃくちゃ元気で、オールプロ級の活躍する嫌なやつだった。今年FAでいなくなったと思ったら、なんで同地区のスティーラーズなんだよ!!!!あーあいやだいやだ。

 2巡目のRB J.K.ドビンズにも中央が弱かった頃めちゃくちゃに崩壊させられましたなぁ。ただ怪我が多かったのが残念だった選手でもありましたね。今年はチャージャーズにいきました、さようなら!

 3巡目DLジャスティン・マドゥブーケも昨年13.0サックと大ブレークしてフランチャイズ指定後4年契約で残留、いやなの残るわ

 同じく3巡目のWRデビン・デュバネイは飛び道具的なレシーバーとリターナーで活躍しリターナーで2回プロボウル 1回オールプロに選出されています。今年はジャガーズに移籍となり一つ飛び道具がいなくなったのは一安心

 7巡目Sジーノ・ストーンは派手さはなかった選手でしたが、ミスも少ない安定したSとして活躍してましたね。今年はベンガルズに、だからなんで同地区に行くの!

 他にも外れは少なかったですね。ただTタイリー・フィリップス Gベン・ブリードソンは移籍後に移籍後にある程度出場できた選手でしたね。どちらもジャイアンツの主力として活躍しました。

 とにかく大成功すぎやろこのドラフト・・・ずるい。


 ã‚¯ãƒªãƒ¼ãƒ–ランド・ブラウンズ

2020Draftafter-06cle

2020Draftafter-06cle01
 1巡目 T ジェドリック・ウィルズ

【AV点】89点 (15位)
【指名点】40点(9位)

【ドラフト評価点】49点 (20位)

 指名権は多いわけではなかったけど、上位指名が多めで、結構点数引かれた数字ですが、個人的にはそこまで悪くないドラフトだったかなと思います。

 1巡目Tジェドリック・ウィルズはカレッジ時代はRTで、プロでLTに転向ということで不安は最初ありましたが、見事先発LTとして4年間頑張ってくれています。プロボウル級とまではいきませんが、安定したプロテクションだと思います。今年は5年目オプションで残留。果たして大型契約更新があるかな。今年の活躍次第かなと。(そこまでじゃなかったらフランチャイズ指定かな・・・)

 2巡目Sグラント・デルビットは1年目をアキレス腱断裂で全休となり1年棒に振ったこともあり点数的には伸びませんでした。3年目から本格的なDBの中心人物となったかなと思います。今はいなくては困る選手へと成長し、今年は3年契約を結び残留。今年も活躍を期待してるぞ!プロボウルを目指せ!

 3巡目DLジョーダン・エリオット LBジェイコブ・フィリップスはどちらも先発には足りないレベルでしたね。どちらも今年は移籍となっています。

 4巡目TEハリソン・ブライアントはレシービングタイプのわりにボールセキュリティがねぇ・・・という感じの選手でした。悪くはないところもあるんだけどね。今年はレイダースと契約したようです。

 5巡目Cニック・ハリスはやっと先発の機会が来た3年目に怪我で離脱。その間に先発を奪われるという残念な選手でした。ただエンドゾーン手前でのFBとしての起用は大当たりしてた。それ要員だけでとっておいても良かったかもだが、シーホークスに移籍しています。

 6巡目のDPJことWRドノバン・ピープルズ-ジョーンズは1年目から2番手WRとして。QBベイカー・メイフィールド時代の主力レシーバーでした。ただメイフィールドがいなくなると出番がなくなり、昨年途中でライオンズへ移籍 復活を期待しているぞ!!!

 ってことで全選手話してしまった。それだけ、しっかり全員印象が残った選手を指名したからドラフト評価点は低いけど、悪くないと思いますよ!みんなまだ現役だしね!


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE