今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒ”ッツバーグ・スティーラーズ

2020Draftafter-07pit

2020Draftafter-07pit01
 2巡目 EDGE アレックス・ハイスミス

【AV点】77点 (25位)
【指名点】23点(29位)

【ドラフト評価点】54点 (16位)

 3巡目のEDGEアレックス・ハイスミスは2年目からブレークし、EDGE T.J.ワットの反対側として見事な活躍を見せています。昨年の時点で4年契約延長を勝ち取っています。

 2巡目のWRチェイス・クレイプールは2年目まではこれからチームを引っ張る存在として期待されていましたが、3年目に不調でベアーズにトレード その後も転々とし、今年はビルズに。ポテンシャルはあるが活かせてない選手かなと。爆発力があればなぁという選手ですね。

 4巡目のGケヴィン・ドットソンは先発出場はしていたものの、3年目にラムズにトレード。出場はしていたもののチームに合わなかったかなという見解でいいのかなと。

 ドラフト外のCBジェームス・ピエールは個人的には厄介なNBだなぁと感じていた選手。今年いなくなったので良かった。

 とりあえず1巡目がなかったが、ハイスミスを当てれたのでとりあえずは、大外しはせずに済んだドラフトだったと言えるでしょう。


 ã‚·ãƒ³ã‚·ãƒŠãƒ†ã‚£ãƒ»ãƒ™ãƒ³ã‚¬ãƒ«ã‚º

2020Draftafter-08cin

2020Draftafter-08cin01
 1巡目 QB ジョー・バロウ

【AV点】133点 (3位)
【プロボウル加点】5
【指名点】39点(12位)

【ドラフト評価点】99点 (2位)

 1位指名のQBジョー・バロウは期待に応える活躍でしたね。1年目はシーズン途中で離脱となってしまいましたが、2年目でなんとスーパーボウル進出と見事な活躍を見せました。トップクラスのQBとして認知された瞬間でしたね。何よりもチーフスに強いという印象があり、そこが強みですね。ただ昨年も怪我で離脱とちょっとOLと合わないことが多いのが一番の問題ですかね。怪我耐性はそれなりにある選手だとは思うんですがね。昨年5年契約延長をしており、キャップ圧迫は間違いない。これで苦しめ!!!!

 2巡目指名のWRティー・ヒギンズはとにかくディープとクラッチ力の高さが売りの選手。翌年チェイスが入ってきて、これがヒギンズが2番手とかいうことがおかしい、他チームだったらエースクラスのWRですよ。今年はフランチャイズ指定で揉めています。一応現状タグ契約はしたもののまだ揉める可能性ははらんでいるので、揉めてどっかトレードしてくれ!

 3巡目LBローガン・ウィルソンはタックルもうめーし、LBのくせに11INTとパスカバーもうまい、バランスのよいLBです。嫌な選手だわぁ・・・すでに昨年4年契約延長に合意し残留。こういう堅実なタイプがしっかり中央守ってるから崩壊しないのよねここのチームの守備は。

 バロウ ヒギンズ ウィルソンの高得点のおかげでドラフト評価点はリーグ2位 まあ大成功でしょう。上位指名全部当たりですし。全員残ってるしなぁ。昨年最下位でも勝ち越してるしねぇ・・


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE