今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ã‚¤ãƒ³ãƒ‡ã‚£ã‚¢ãƒŠãƒãƒªã‚¹ãƒ»ã‚³ãƒ«ãƒ„

2020Draftafter-11ind

2020Draftafter-11ind01
 2巡目 RB ジョナサン・テイラー

【AV点】102点 (8位)
【プロボウル加点】4
【指名点】34点(17位)

【ドラフト評価点】72点 (7位)

 1巡目はなかったものの2巡目で今のコルツの攻撃を支えるエースWRマイケル・ピットマン オールプロRBジョナサン・テイラーを指名することができました。この2人がコルツにとっての攻撃の軸となっており、どちらも契約延長し残留となっています。この2人で合計60TDくらいとってますもんね。
 
 3巡目にも先発Sのジュリアン・ブラックモンを指名しています。決して派手なタイプではないですが、堅実なFSで残留しています。

 上位指名でしっかり当たりを引けたこともあり上々のドラフトだったと言えるでしょう。

 今年は2年目のQBアンソニー・リチャードソンが怪我から復帰し3枚看板での攻撃が復活することを願いたいところだろう。


 ãƒ†ãƒã‚·ãƒ¼ãƒ»ã‚¿ã‚¤ã‚¿ãƒ³ã‚º


2020Draftafter-12ten

2020Draftafter-12ten01
 ドラフト外 C アーロン・ブルーワー

【AV点】42点 (31位)
【指名点】25点(27位)

【ドラフト評価点】21点 (30位)

 正直ドラフト指名は残念な結果となっていますが、ドラフト外の選手が主力として活躍したためなんとかなった年でしたね。

 一番最初に悪いことを書かずにはいられないのですが、ここ数年の中で一番のバストだった選手は1巡目Tアイゼア・ウィルソンと言っても過言ではないでしょう。ポテンシャルは十分の選手でしたが、素行面で不安視された選手でしたが、見事に素行面でやらかしまくって飲酒運転などでチームから出場停止を受けたりし、たった4スナップの出場で1年目で解雇。その後も何チームか拾ってみましたが、ロースターに残ることはなくNFLから去りました。今どうしてるんでしょうねぇ。。。

 2巡目CBクリスチャン・フルトンはまずまずがんばりましたが、怪我も多かった選手でした。今年はチャージャーズと契約となりました。

 そして最初に書いた通りドラフト外の選手が3人主力として活躍しました。WRニック・ウェストブルック-イキーナはどちらかというとスロットタイプで着実なレシーブをしてくれる選手で、残留しています。

 Gアーロン・ブルーワーはランブロッカーとしての才能を見込まれ今年ドルフィンズと大型契約を結んでいます。

 DLティア・タートも中央のパワープレスが素晴らしい選手です。こちらも今年はドルフィンズと契約しています。

 現状チームは再生期に入っていることもありますが、ブルーワーとタートは残したかったですねぇ。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE