今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒ€ãƒ©ã‚¹ãƒ»ã‚«ã‚¦ãƒœãƒ¼ã‚¤ã‚º

2020Draftafter-17dal

2020Draftafter-17dal01


【AV点】117点 (6位)
【プロボウル加点】12
【指名点】33点(18位)

【ドラフト評価点】96点 (4位)

 まず言えることは大当たりのドラフトでしたね、

 1巡目のWRシーディ・ラムはエースWRとして、昨年リーディングレシーバーを獲得しました。NFLトップレベルのレシーバーとしてプロボウル3回 オールプロ1回選出されています。今年は5年目オプションで残留となっていますが、まだ新契約をしていません。いくらになるんでしょうねぇ。それとも契約難航となってチームと不仲になるということも・・・早めに解決したい問題ですね。

 2巡目CBトレボン・ディグスも1年目から先発出場をし 2年目には11INTを記録しオールプロにも選ばれたトップレベルのボールホークCBとしてトップクラスのCBとして活躍しました。昨年5年契約延長の大型契約で残留となっています。

 4巡目Cタイラー・ビアダスも1年目から先発として安定したパフォーマンスでプロボウルに選出されています。ただキャップ問題で残留させることはできず、同地区のコマンダースと3年契約となってしまいました。

 最後にドラフト外のTテレンス・スティールもRTとして1年目から先発を勝ち取りました。昨年5年契約で残留となりました。

 素晴らしいドラフトではあったのですが、今後は契約問題が気になるところですね。ちょっとキャップオーバー状態にあるチームなので、なんとかWRラムを手放さないようにしたいですね。


 ãƒ•ã‚£ãƒ©ãƒ‡ãƒ«ãƒ•ã‚£ã‚¢ãƒ»ã‚¤ãƒ¼ã‚°ãƒ«ã‚¹

2020Draftafter-18phi

2020Draftafter-18phi01
 2巡目 QB ジェイレン・ハーツ

【AV点】119点 (5位)
【プロボウル加点】2
【指名点】36点(14位)

【ドラフト評価点】85点 (5位)

 この年はなんといっても2巡目QBジェイレン・ハーツがフランチャイズQBになったことですね。初年度はQBカーソン・ウエンツの控えQBとして、スポット出場でしたが、2年目から先発に交代し3年連続プレーオフ うち一回はスーパーボウル進出と見事な成績をおさめたモバイル型QBです。この活躍もあり昨年5年延長の大型契約を結びました。この期待に今後も応えられるか注目です。

 ただ1巡目のWRジェレン・リーゴーは残念ながらバストレベルの成績 その代わり6巡目のWRクエス・ワトキンスが3番手WRとしてまずまずの成績を残しました。今年はスティーラーズか・・・活躍すんなよ。

 ドラフト評価点としては高いですが、現実的にはQBハーツ以外はイマイチだったかなぁと言えるドラフトだったかもしれません。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE