今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒ‡ãƒˆãƒ­ã‚¤ãƒˆãƒ»ãƒ©ã‚¤ã‚ªãƒ³ã‚º

2020Draftafter-21det

2020Draftafter-21det01
 2巡目 RB デアンドレ・スイフト

【AV点】97点 (10位)
【プロボウル加点】2
【指名点】45点(7位)

【ドラフト評価点】54点 (16位)

 このドラフトでかなり注目を浴びていた1巡目CBジェフリー・オクダは3位指名という高順位でしたが、NFLの世界ではなかなかフィットせず、結果を残せない状態となり放出となりました。今年はテキサンズと契約しています。

 2巡目RBデアンドレ・スイフトはライオンズ時代は素晴らしいパフォーマンスを見せていたのですが、いかんせん毎年怪我で離脱の繰り返しで、昨年トレードでイーグルスへ。そして昨年は怪我なくプロボウルに選出されました。今年はベアーズと3年契約となっています。敵となって帰って来るのは怖いですね。

 3巡目Gジョナ・ジャクソンは素晴らしいランブロックでライオンズのラン攻撃を牽引しプロボウルに1度選出されています。ただ残留はさせることは出来ず今年はラムズと契約。この穴は結構大きいかも。

 2人は当てたものの、結果的に誰も残らず。ただ昨年の優勝にはジャクソンが残っていたおかげでつながったドラフトとも言えますが。やはり3位指名の失敗が響くドラフトでしたね。



 ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ãƒ™ã‚¤ãƒ»ãƒ‘ッカーズ

2020Draftafter-22gb

2020Draftafter-22gb01
 6巡目 G ジョン・ラニアン

【AV点】81点 (20位)
【指名点】29点(23位)

【ドラフト評価点】52点 (19位)

 1巡目指名はまさかのQBジョーダン・ラブでしたねぇ。まだQBアーロン・ロジャースがバリバリの時になんで1巡目で指名?と誰もが思った指名でした。そしてその疑問は拭えぬまま3年ベンチを温める結果に。そしてロジャースがトレード後昨年契約見直し2年契約を新たに結び、満を持して先発に。序盤は不安定ではあったもののシーズン終盤になってくると安定しだし、先発1年目でプレーオフ そしてプレーオフでも1勝と見事に3年越しに評価をひっくり返しました。

 ロジャーズもファーブの元で温められたQBでしたが、昔はQBは何年か勉強をしてから出場させるのが常識でしたが、現代は即先発が基本。それを昔ながらの方法を貫いたパッカーズは見事としか言いようがない。。。よくまだこの策でやれるなと感心するしかない結果です。みんなでごめんなさいしましょう。すまんかった。

 2巡目のRB A.J.ディロンは直線特攻型のランが得意で、RBアーロン・ジョーンズとダブルエースRB体制を築きチームのラン攻撃に貢献した。今年も再契約して残留となっています。
 6巡目Gジョン・ラニアンは2年目から不動のRGとして怪我なく全試合先発出場をし活躍しました。今年はジャイアンツと3年契約を結び移籍となりました。

 ドラ外のLBクリス・バーンは2年目まではまずまずの成績でしたが、3年目は怪我でRFAで再契約にならず、現在カーディナルスに所属となっています。

 QBラブの活躍が昨年からということもあり、点数的には伸びませんでしたが、なんだかんだでフランチャイズQBを育て上げた結果を見ると良いドラフトだったと言えるでしょう。ほんとラブ の育て方はすごいとしか言いようがない。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE