今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ãƒŸãƒã‚½ã‚¿ãƒ»ãƒã‚¤ã‚­ãƒ³ã‚°ã‚¹

2020Draftafter-23min

2020Draftafter-23min01
 1巡目 WR ジャスティン・ジェファーソン

【AV点】144点 (2位)
【プロボウル加点】6
【指名点】52点(3位)

【ドラフト評価点】98点 (3位)

 全15指名とおそらく最多指名数となったバイキングス。しっかり主力選手も指名でき点数もかなりよいドラフトとなりました。

 なんといっても1巡目WRジャスティン・ジェファーソンの活躍は見事ですね。個人的には現時点のNFLナンバー1レシーバーだと思っています。とにかく投げておけば取ってくれるし、なんでもこなせる総合力の高いトップ選手です。今年5年目オプションですが4年140MとWR最高額での契約延長となりました。納得の契約ですね。

 2巡目Tエゾラ・クリーブランドは1年目から先発Gとして活躍しましたが昨年ジャガーズにトレードとなり今年3年契約でジャガーズに残留 ちょっと残しておいたほうが良かった選手だったんじゃないかなぁと個人的にはおもいました。

 他主力としては4巡目 EDGE D.J.ウォナム 5巡目 K.J.オズボーンなども指名しています。しかし1巡目CBジェフ・グラドニーが失敗 他下位指名の数撃ちゃ当たる戦法がほぼ全部ハズレとちょっと指名数の割にちょっとそこは残念なところでしたね。

 ただジェファーソンが引けて、残留も決めたことは今後にとって大きいドラフトとは言えるでしょう。今年は新人QBが先発となるので、ジェファーソンとのホットラインが期待されます。


 ã‚·ã‚«ã‚´ãƒ»ãƒ™ã‚¢ãƒ¼ã‚º

2020Draftafter-24chi

2020Draftafter-24chi01
 2巡目 CB ジェロン・ジョンソン

【AV点】84点 (18位)
【プロボウル加点】1
【指名点】25点(27位)

【ドラフト評価点】60点 (13位)

 1巡目はなかったのですが、現状の主力選手をしっかり指名できたいいドラフトだったのではないでしょうか。

 2巡目CBジェロン・ジョンソンは1年目からシャットダウンコーナーとして活躍。昨年は初のプロボウル選出となり、フランチャイズ指定後4年契約延長を勝ち取りました。相手のエースWRを封じる役として今年も活躍を期待したい。

 同じく2巡目TEコール・コメットは長身レシーバーとしてパスターゲットとして安定した活躍を見せた選手です。こちらも4年契約延長で残留となっています。

 5巡目WRダーネル・ムーニーは2年目に1000ヤードレシーブを記録しましたが、その後2年間はちょっと低迷したかなと。今年はファルコンズに移籍となりました。スピードに乗ると怖いタイプなので、それを発揮できるかですね。

 攻守の主力を指名。そして今年は1位指名でケイレブ・ウィリアムスという最高のQBを指名したこともあり、一気に再建期から脱出する可能性を秘めています。そのためにはこの年の2人の主軸の活躍も期待されることでしょう。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE