今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ã‚¿ãƒ³ãƒ‘ベイ・バッカニアーズ

2020Draftafter-25tb

2020Draftafter-25yb01
 1巡目 T トリスタン・ワーフス

【AV点】87点 (16位)
【プロボウル加点】10
【指名点】32点(20位)

【ドラフト評価点】65点 (11位)

 攻守のリーダー的存在を手に入れることができた素晴らしいドラフトだったと思います。

 1巡目Tトリスタン・ワーフスは この年注目されたT4人の中では最後の指名となしましたが、現状1番の活躍をしオールプロ1回 プロボウル3回選出のリーグトップクラスのRTとして活躍。1年目のスーパーボウル制覇にも必要な選手だったと言えるでしょう。今年は5年目オプションで残留ですが、来年のFAをどうするかが気になる選手の一人です。

 2巡目Sアントニー・ウィンフィールドJr.も1年目から先発SSとして活躍しスーパーボウル制覇に貢献した一人です。昨年は初のオールプロにも選ばれ、現在リーグナンバー1Sとして挙げる人も多い選手となりました。ハードタックラーでありながらパスカバーもブリッツもなんでもこなせるオールマイティなSと言って良いでしょう。今年はフランチャイズ指定を受けた後4年契約で残留となりました。

 この2人以外の活躍できた選手はいませんでしたが。2人オールプロを出せたのは大成功といえるドラフトと言えるでしょう。


 ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã‚ªãƒªãƒ³ã‚ºãƒ»ã‚»ã‚¤ãƒ³ãƒ„

2020Draftafter-26no

2020Draftafter-26no01
 1巡目 G シーザー・ルイズ

【AV点】61点 (28位)
【指名点】21点(32位)

【ドラフト評価点】40点 (23位)

 指名権自体が4つしかなかったドラフトだったので、指名点も最下位でまあドラフトとしてはまあ一人当たりは出たので良かったのかなという感じですね。

 1巡目Gシーザー・ルイズは1年目から先発出場し、怪我がなくかつ安定した選手でした。今年は4年契約で残留しています。しかしキャップ毎年苦しいのにこういう主要選手と契約できるのはなんでなんだ。。。

 4指名なので、まあルイズが当たって、その他の指名・ドラ外が控えとしてそれなりに頑張ってくれたことで、4つで23位なら悪くないでしょと言えるドラフトと言えるかなと。ドラ外のWRマークイス・キャラウェイはもう少し伸びる選手だと思ったんですけどね。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE