今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ã‚µãƒ³ãƒ•ãƒ©ãƒ³ã‚·ã‚¹ã‚³ãƒ»ï¼”9ers

2020Draftafter-29sf

2020Draftafter-29sf01
 1巡目 WR ブランドン・アユーク

【AV点】86点 (17位)
【指名点】26点(26位)

【ドラフト評価点】60点 (13位)

 1巡目WRブランドン・アユークは2枚エースレシーバーの一人で抜け出す能力の高いトップクラスのレシーバーとして、49ersには欠かせない戦力となっています。今年は5年目オプションで残留となっていますが、今オフ契約延長を求めチームとこじれている印象が強かったです。果たしてこの問題は解決できるのか、来年サヨウナラとなるのかまだわからないところですね。

 同じく1巡目のDLジャボン・キンロウは正直先発として期待していましたが、ローテーションメンバーという控えクラスの活躍だったこともあり、5年目オプションは破棄となり、今年はジェッツと契約をしています。

 7巡目WRジャウアン・ジェニングスは3番手レシーバーとして、派手な活躍はないものの、必要な戦力と認められ、2年契約で残留となりました。成績以上にたまにいいところで取ってくるなという選手ですよね。

 レシーバーの主力がとれたことで攻撃が安定したドラフトだったと言えるでしょう。今の主軸ですからね。1巡一つはハズレだったけど、満足度はそれなりだったと言えるのではないでしょうか。


 ãƒ­ã‚µãƒ³ã‚¼ãƒ«ã‚¹ãƒ»ãƒ©ãƒ ã‚º

2020Draftafter-30lar

2020Draftafter-30lar01
 6巡目 S ジョーダン・フラー

【AV点】101点 (9位)
【指名点】33点(18位)

【ドラフト評価点】68点 (8位)

 2017年以降1巡目指名がないというか、指名権を主力選手に変える方針が当たっていたラムズ。ただこの年のドラフトは2巡目・3巡目が2つづつありました。

 しかし一番活躍したのは6巡目Sジョーダン・フラーでした。ランストッパー、タックル力 パスカバー力どれも平均より上レベルの選手と言えるでしょう。どこ守らせてもいけるタイプだと思います。使い勝手がよい選手と言えるでしょう。ただ残留とはならずパンサーズに移籍となりました。

 2巡目RBキャム・エイカーズはアキレス腱を切った年にプレーオフに怪我を直して出場したのが一番記憶に残る選手でしたね。昨年途中にバイキングスにトレードとなりましたが、怪我で結果を残せず現在未契約状態となっています。力はある選手なのでどっか拾ってほしいところですね。

 2巡目WRヴァン・ジェファーソンは3番手レシーバーとしてそこそこ名前は聞く選手でした。名前は聞くけどプレイの印象はそこまで残ってないという感じでした。昨年シーズン途中にファルコンズにトレードで移籍 今年はスティーラーズと契約しました。活躍するな!

 そこそこの選手が多く点数自体は伸びましたが、昨年プレーオフに貢献した選手がフラーくらいですかね。かなり選手が入れ替わったことで、上位指名が4つあったわりにそこまでいいドラフトとは言えなかったかなぁと思いますね。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE