今年も新人契約(4年間)が終わった2020年のドラフトで2チームごとまとめていきます。


 ãƒãƒ¼ãƒ è©•ä¾¡ãƒ«ãƒ¼ãƒ« 
今回はPRO FOOTBALL REFERENCEのApproximate Valueという選手の評価を数値したものを使い点数をつけています。

【AV点】+【加点】-【指名点】= 【ドラフト評価点】

【AV点】は
Apporoximate Valueの評価点

【加点】
は
 ã‚ªãƒ¼ãƒ«ãƒ—ロ選出回数×3 + プロボウル選出回数


【指名点】は指名順位で点数を決めました。以下のとおりです。
1~5位 13 33~50位 8 131~160位 3
6~10位 12 51~70位 7 161~200位 2
11~15位 11 71~90位 6 201~253位 1
16~20位 10 91~110位 5

21~32位 9 111~130位 4


あくまでもドラフトの評価なので、ドラフト外選手は評価点に入れていません。

あとこの指標の弱点はTE・Sの得点が低いです。ご了承ください。

   :2023年シーズン時点でチームと契約出来ていない選手


 ã‚·ã‚¢ãƒˆãƒ«ãƒ»ã‚·ãƒ¼ãƒ›ãƒ¼ã‚¯ã‚¹

2020Draftafter-31sea

2020Draftafter-31sea01
 3巡目 G デミアン・ルイス

【AV点】78点 (24位)
【指名点】35点(15位)

【ドラフト評価点】43点 (21位)

 1巡目LBジョーダン・ブルックスは3年連続100タックル超えを記録する、地味ながらすごい選手でしたが、5年目オプションは破棄 ドルフィンズが3年契約を結んでいます。ちょっともったいない選択だったんじゃないかなぁ。LBのオプション金額が高いってのも渋った原因かもしれませんね。

 3巡目Gデミアン・ルイスは1年目から先発Gとして左右どちらもできる選手でした。シーホークスのOLはブロックがと言われますが、ランはでてますからね。ランブロックはルイスのおかげでよかったのではないかなと思われます。ただ再契約はされずパンサーズと4年の大型契約となりました。ちょっとフランチャイズ指定も考えても良かったかもですね。

 点数は伸びませんでしたが、チームの主軸となって活躍した選手が2人居て残せる状態を残せなかった。キャップがマイナスだったのが原因ですが、ちょっとGMのキャップ管理が問われる感じのもったいない戦力放出となってしまったドラフトだったかなと。点数で見るよりかなりいいドラフトだったと思うんですがね。


 ã‚¢ãƒªã‚¾ãƒŠãƒ»ã‚«ãƒ¼ãƒ‡ã‚£ãƒŠãƒ«ã‚¹

2020Draftafter-32ari

2020Draftafter-32ari01
 1巡目 LB/S アイザイア・シモンズ

【AV点】53点 (29位)
【指名点】27点(24位)

【ドラフト評価点】26点 (29位)

 正直うーんというドラフトでしたねぇ。

 1巡目指名のLB/Sアイザイア・シモンズはLB・Sどちらでもいけるこのドラフトの守備トップクラスの選手としてかなり注目を浴びた選手でしたが、結果的にどっちつかずでイマイチなパフォーマンスだったかなぁと。昨年はトレードでジャイアンツに移籍しましたが、まあイマイチだったかなぁと。一応ジャイアンツに残留となっていますが、ドラフト時のような期待値が高いプレイができるか。今年が最後のチャンスかもしれませんね。

 3巡目Tジョシュ・ジョーンズは出場機会は多かったものの、そこまで力のある選手ではなかったかなと。昨年テキサンズに移籍となりましたが控えでしたね。今年はレイブンズと契約しています。活躍すんな!

 一番プレイで名前聞いたのは4巡目のDLレキ・フォツだったんじゃないかなぁ。なんかよく名前聞いたような気がしたのは気のせいかな?個人的な印象だけかもしれませんが。今年はジェッツと契約しています。

 やっぱりかなり期待されていたシモンズが残念な結果となったのがなぁ。というドラフトでしたね。点数の通りのドラフトだったかなと。


※参考データ
PROFOOTBALL REFERENCE